『花束』菅田将暉&有村架純が最優秀賞受賞「リアリティがあり、もはや演じなくてもいいくらい」

拡大画像を見る

映画ファンの祭典「第31回映画祭TAMA CINEMA FORUM」内にて「第13回TAMA映画賞授賞式」が11月21日(日)、府中の森芸術劇場 どりーむホールにて行われ、映画『花束みたいな恋をした』で共演を果たした菅田将暉&有村架純が、揃って最優秀男優賞&最優秀女優賞を受賞し、喜びをかみしめた。

「TAMA映画賞」は2009年にスタートし、前年10月から当年9月に一般劇場で公開される作品及び監督・キャスト・スタッフを対象に、市民ボランティアの実行委員が選考。「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する映画賞。

菅田さん&有村さんが受賞した最優秀男優賞&最優秀女優賞は、本年度最も心に残った男優・女優を表彰する賞。ふたりの受賞対象作『花束みたいな恋をした』では、菅田さんと有村さんは、好きな音楽や映画が一致しとんとん拍子に恋に落ちながらも、やがてすれ違ってしまうカップルの5年間をリアリティを持って演じた。

菅田さんは「ずっとラブストーリーをやりたかった」という思いを抱えており、脚本を担当した坂元裕二に直談判していたと明かす。「ある授賞式の場でお会いしたとき、袖で坂本さんをつかまえて“ラブストーリーをやりたいです、書いてください”と。別の場所でも念押しして“どうなっています?”みたいな(笑)。それで書いてくださいました」と、うれしそうに微笑む。結果、仕上がった脚本については「あるあるの達人というか。共感を超えて俺だな、みたいな具体的なものがたくさん散りばめられていた。リアリティがあって、もはや演じなくてもいいくらい、目の前に情報を転がしてくれる脚本でした」と傑作だったと伝えた。

共演した有村さんも、「おこがましいんですが、土井監督、坂本さんに対しては、本当に心から信頼していましたので、ともに時間を共有できて幸せでした。このお仕事をすると新しい出会いはもちろんですが、またいつか、という期待や楽しみも持ち仕事しています。すっごく楽しかったですし、また宝物の時間が増えました」と言い、菅田さん、登壇した土井監督と微笑み合っていた。

そのほか菅田さんは『キャラクター』『キネマの神様』『浅田家!』、有村さんは『映画 太陽の子』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』ほかも対象作となった。

また、同賞には『すばらしき世界』『バイプレイヤーズ~もしも 100 人の名脇役が映画を作ったら~』『竜とそばかすの姫』で役所広司、『茜色に焼かれる』『明日の食卓』『ヤクザと家族 The Family』『心の傷を癒すということ 劇場版』で尾野真千子も受賞となった。



(cinamacafe.net)


■関連作品:
花束みたいな恋をした 2021年1月29日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開
©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

関連リンク

  • 11/21 19:51
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます