喧嘩したくない!【大切な人】に気持ちを伝える4つの方法って?

拡大画像を見る


誰だって喧嘩は避けたい!そう考えるのが、当たり前のことです。喧嘩をしないようにするというと、やはり嫌な事があっても言えないまま、あげく伝えることができないままでストレスになりかねないのです。
喧嘩をしたくないという気持ちはわかりますが、それ以上に気持ちを伝えなければ良い付き合いはできないのです。今回は、好きな相手に喧嘩にならずに思ったことを伝える方法をお伝えします。


冷静に話をする

まずは、なによりも冷静に話をすることが大事です。どうしても喧嘩となると感情をコントロールすることが難しく、苛立った勢いのまま伝えてしまいがちなのです。
冷静に話をすることで、相手も話を聞こうとしてくれますし、自分自身が冷静でなければ相手と話をまともにすることはできないのです。大事な相手であることを頭にいれて、できるだけ傷つけないように考えるべきです。


溜め込んで言わない

ついつい、言わないように傷つけないようにと考えてしまいストレスが爆発してしまうこともあります。溜め込み型と呼ばれる女性は、意外に多いもので自分が我慢していれば丸くおさまるという心理状況からでてくるようです。
しかし、溜め込んで伝えてしまうとなにかとトラブルの元になりかねないのが現状です。溜め込まず、はっきり相手に伝えてあげることが重要です。


コミュニケーションは欠かせない

コミュニケーション不足は、些細なことをきっかけに大きな爪痕を残しかねないのです。お互いに常に話をしているのであれば、誤解を招くことも少なくなりますし、相手を傷つけることも少ないのです。
相手に時間がないから、自分に時間がないからはただの言い訳になってしまいます。相手を思う気持ちがあるからこそ、コミュニケーションは大事なのです。


お互いに言い合う

お互いに思ったことを言い合うことは大事なことです。言い合いをしている時は、どうしても傷ついてしまうことは避けられませんが、相手の気持ちを理解することができた時というのは、これからも一緒にいたいと思うきっかけになります。
大事な相手だからこそ、自分の気持ちを知ってもらう必要がありますし、相手の気持ちを理解する必要があるのです。


まとめ

喧嘩というと聞こえは悪いですが、些細な喧嘩は付き合っている以上避けられないものです。全く違う人間が付き合うのですから、ぶつかり合い、考えが異なるのは当然です。
大事なのはお互いがお互い、相手の気持ちを理解して改善してあげることです。お互いが相手を大事にすることがうまくいく秘訣なのです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/21 19:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます