【秋明菊賞結果】リオンディーズ産駒オタルエバーが人気に応えて逃げ切り2勝目

拡大画像を見る

 21日、阪神競馬場で行われた秋明菊賞(2歳・1勝クラス・芝1400m)は、先手を取った幸英明騎手騎乗の1番人気オタルエバー(牡2、栗東・中竹和也厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の7番人気ブレスレスリー(牝2、栗東・藤岡健一厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分21秒7(良)。

 さらにハナ差の3着に2番人気エクロール(牝2、栗東・長谷川浩大厩舎)が入った。なお、3番人気モンゴリアンキング(牡2、栗東・安田隆行厩舎)は5着に終わった。

 勝ったオタルエバーは、父リオンディーズ、母ルージュクール、その父Redoute's Choiceという血統。7月の新馬戦以来となる2勝目を飾った。

関連リンク

  • 11/21 14:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます