飼い主が猫を呼ぶと? 3つの『違い』に「すごすぎる」「中に人いる?」

拡大画像を見る

動物病院で保護された子猫を引き取ったAKR(@bou128)さん。

子猫を、ろん(本名:くろあん)と呼び、暮らし始めて知った予想外な出来事を『ろんの絵日記』として描いています。

ろんの絵日記

猫は足音すら愛おしいことが分かる漫画に反響!

愛らしい見た目と触り心地で人間を魅了する、猫の肉球。そして肉球から発せられる足音は、人間の心を射抜く破壊力があるのです。

普通に名前を呼ぶと「トコトコ」といった音を立てながら歩いてくる、ろんちゃん。

AKRさんによると、ろんちゃんの動きや足音にはバリエーションがあるのだとか!

賢いろんちゃんは、AKRさんの声のトーンから何をいわれているのかを理解できているのでしょう。

そしてAKRさんも同じように、ろんちゃんの足音を聞き分けて、感情のニュアンスをくみ取っているようです!

飼い主とペットの以心伝心な関係性が伝わり、漫画を読むだけで自然と笑顔になりますね。

漫画に対し、猫と暮らす人からも「こんなに賢いなんて、すごい!」と驚く声が寄せられています。

・「中に人いる?」ってくらい、すごい。

・すごい分かる!うちの子も呼ぶとかわいい足音で寄ってきます。

・すごすぎる…。ろんちゃんは賢くてかわいくて最高だなあ。

中には、愛猫の名前を呼んでも無視されてしまい、さびしい気持ちになる飼い主からの体験談も。

ろんちゃんとAKRさんのような以心伝心の関係になるのは、簡単ではないようです…!

『ろんの絵日記』単行本が発売中

単行本『黒猫ろんと暮らしたら』の1~3巻が発売中です。

Twitterやブログに掲載された作品だけでなく、描きおろしやろんちゃんの写真も収録!気になる人はチェックしてくださいね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @bou128

関連リンク

  • 11/21 17:54
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます