大阪名物「551 蓬莱」の豚まんが都内で食べれる!? 創業者の孫が551レシピを再現した「羅家 東京豚饅」が恵比寿に登場

拡大画像を見る

大阪のソウルフードでありお土産の定番「551 蓬莱の豚まん」を、ついに東京でも味わえる……!

なんとこの冬、創業者の孫・羅直也さんが直伝レシピを完全再現したぶたまん専門店が、恵比寿にオープンするというのですっ。

イートインスペースもあって、出来立てアツアツのぶたまんを、台湾ビールと楽しめちゃうんですって♪

【あの豚饅を食べられるぞー!】

2021年11月25日、恵比寿駅から徒歩2分の場所にオープンする「羅家 東京豚饅」。

創業者考案のレシピを踏襲した名物「豚饅」(1個 200円)の具材は、厳選された豚肉と玉ねぎの2種類のみ!

豚肉は異なる部位を3つ使用。玉ねぎとバランスよく混ぜ合わせて、醤油・砂糖・塩などの調味料で配合することで、食感やうま味を引き出しているといいます。

具材を包み込む皮の鮮度にもこだわっており、発酵のピークをコントロールすることで、当日生産・当日販売を実現。

ふっくら蒸し上がるよう、熟練の職人がひとつひとつ包んでいるそうで、想像しただけでお腹が空いてきちゃう~~~!

【新メニューも登場するみたい】

さらに「羅家 東京豚饅」では、定番の豚饅のほか、新たな味も開発。

台湾出身の点心職人と何度も試作を重ねて生まれたのは、

・スパイシーでクセになる「黒胡椒豚饅」
・海老の食感と海鮮の旨みを最大限に生かした「XO蝦(えび)豚饅」

という2つの商品!

いずれもベーシックな豚饅の餡をベースに作られていて、大きさは通常の1/3サイズ&8個セットで販売。

同じサイズになった豚饅とのセットメニューもあり(1200円)、いろんな味をちょっとずつ食べたい人にはもってこいなのではないでしょうか♪

【マントウもあるようです!】

豚饅はイートイン・テイクアウトともに可能。

店内では、キンキンに冷えた台湾ビールやレモンサワー、ハイボール(各400円)と一緒に豚饅を堪能できます。

ちなみに、メニューには中国の蒸しパン「饅頭(マントウ)」(6個 300円)もあるみたい。

マントウ好きにとっては、地味に嬉しい……!

参照元:プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 11/21 15:00
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます