元EE JUMPユウキが獄中生活を激白「15リットルの水を飲まされて…」

拡大画像を見る

 元モーニング娘。の後藤真希の弟として知られ、アイドルグループ「EE JUMP」のユウキとして活躍した後藤祐樹。芸能界を引退後、銅線泥棒を行ったとして実刑判決を受けた。およそ4年半に及ぶ刑務所生活を振り返る。

「今でもアラームをかけていないのに、6時40分ちょうどに起きることがあります。それだけ体に染みついているんでしょうね」

 その穏やかな言葉遣いは、強盗傷害事件で有罪判決を受けた前科者とは思えない。求刑8年に対し、懲役5年6月の実刑判決が下されたのは、08年5月のことだった。

「銅線泥棒を行った際、いつの間にか自分がガードマンを殴ったかのように仕立てあげられてしまったんです。とはいえ、自分が仲間たちを誘ったのは事実。罰を受けるべきだと思って控訴はしませんでした」

 分類センターを経て服役したのは川越少年刑務所。21歳だった。

「受刑者の序列は刑務所に入った順番がすべて。年齢は関係なく、先に入った人間が偉いんです。意地の悪い先輩というのはどこの集団にもいるもので、カブトムシの幼虫を食べるよう言われたり、ご飯に体液をかけられたこともあります。部屋長と言われる舎房でいちばん偉い人が指示を出して、男性受刑者2人にマッパで変な体勢を取るよう強要するのを見ました。看守が来ないか見張りを立てるのも忘れない。刑務所でのイジメは悪質で陰湿なものばかりでしたね」

 のちに上梓した「懺悔 ゴマキの弟と呼ばれて」(大洋図書)でも書けなかったのが「水飲み」と呼ばれる凄惨なイジメだった。

「川越の冬はとてつもなく寒い。しかも壁はコンクリートがむき出しの状態で、凍傷にかかった耳は、水ぶくれができて血まみれになるほど。そんな真冬の時期、就寝前に1.5リットルのやかんに水道水を満タンに入れて、ひたすら飲まされるんです。部屋長が『いいよ』と言うまで、もどしても飲んで、飲んでもどしてを繰り返す。自分が標的になった際は、10杯も飲まされました。単純計算で15リットルですよ。凍える寒さの中で、大量の水を飲むと身体の震えが止まらなくなるんです。川越ではこのイジメが横行していて、事件送致になったケースでは、被害者がポリタンクで20リットルも飲まされたうえに暴行を受け、翌朝、意識不明の状態に陥っていたと聞いています」

 壮絶な獄中生活を振り返った後藤祐樹。12年に仮釈放を迎え、現在は妻、愛犬5匹と暮らしている。SNSを通じて持ち込まれた、受刑者の親族からの相談に乗ることもあるという。

関連リンク

  • 11/21 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • 脱走兵

    12/1 13:37

    相方のソニンはもっと苦労したぞ?アンタのせいで。

  • タイラン

    11/30 18:41

    確か格闘技で負けた人?そんな体験したなら、二度と戻りたくない!しかし、刑務所って旧態だな。少なくとも江戸時代より変わってない。罪を憎んで人を憎まずとも言うから。真っ当な仕事して、家族を幸せにしてほしい。あなたの家族は不幸だった。お姉さんのためにも真面目に生きてください。

  • 自分のしでかした事の身から出た錆な訳であって・・・そんないじめられた事を赤裸々に語って世間様から同情してくれってか?、元芸能人って自分でしでかした事ですら金にしようとすんのね(-_- )

記事の無断転載を禁じます