車いすの高齢男性の『ひと言』に絶句 親切のリスクについて考えてしまった話

拡大画像を見る

親切のリスクについて考えてしまった話。

そうコメントをつけて、ワンコロもちべヱ(@WANKOnin)さんがTwitterに投稿した1本の漫画をご紹介します。

車いすに乗る老人と、介助者を手助けしたら…

車いすにのった高齢の男性と、大量の荷物を持った介助者を見かけた投稿者さん。

親切心から2人を手助けしたところ、その後、高齢の男性からありえない『ひと言』をいわれたといいます。

誰かに親切にすることによって生まれる『リスク』など「本当は考えたくない」とも語る、投稿者さん。

しかし、投稿者さんが漫画に描いたのは、実際の出来事です。

また、投稿者さんの漫画には、状況は違えど似たような被害にあったというコメントも寄せられました。

・恩を仇で返すとはこのことでしょうか。自分も似たような経験があるので複雑な気持ちが分かります。

・善意につけ込んだセクハラは、案外あるみたいですね。ひどいです。

・こういうことは、介護の現場にいたらたくさんある…。

親切心を無下にする高齢男性のひと言を受け、今後、見知らぬ相手を気遣う気持ちが減ってしまったという投稿者さん。

困っている人を見かけた時、すぐに手を差し伸べられる親切心と行動力は素晴らしいものです。

その親切心を誰もが今後も持ち続けられるよう、なぜこんなことが起きるのか、社会全体が関心を持ち、考えていかなくてはなりません。

また、ワンコロもちべヱさんはブログ『ともだちに忍者が多い人のブログ』で、日常でのさまざまな出来事を掲載しています。

そちらも、ぜひご覧ください。

ともだちに忍者が多い人のブログ

[文・構成/grape編集部]

出典 @WANKOnin

関連リンク

  • 11/21 17:20
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • エッコ

    11/24 17:15

    障害者にも色々居るのは当たり前。でも健常者で犯罪者の割合のが圧倒的に多いでしょ。以前足の悪い(?)異性の老人に道の反対まで介助して欲しいと言われたが、私の連れの男性にそのお年寄りの事は頼んで私は介助しなかった。男性は頼む時同性に頼んで欲しい。知らん男性に声掛けられるの女性には結構恐怖なのも考えて欲しい。直ぐ隣に居た男性に先に声かけず、飛び越して私に声掛けたので、悪意持って介助頼んだ事件思い出した。

  • ***

    11/24 16:42

    障害者ね、大概は普通にしてるが迷惑千万な奴等もいますね!電車内やバスで奇声を発したりぐちゃぐちゃと訳のわからない独り言を言ったり。。 あと社会のルールを守らないクズ、順番抜かしたり。。前に順番抜かされた事ある障害者の人に、当然引きずり出したけど。社会のルールに障害者もクソも無いのでね!

  • 【ヤ】の付く職業の方と若い衆かな…(^-^;)

記事の無断転載を禁じます