丸山穂高氏 文通費100万円追及「急所は2つ」無料パスなど 「日割」は重要ではない

拡大画像を見る

 国会議員時代に議員収入や特権などの暴露を行っていた前衆院議員の丸山穂高氏が19日付ツイッター投稿で、国会議員に月額100万円支給されている文書通信交通滞在費の問題について解説した。

 10月31日に当選した衆院議員に10月分の文通費が満額100万円支給されたことに批判が集まり、自民や立民などが「日割支給」導入に動いてはいるが、丸山氏は「『たった1日が~』はあまり重要ではない」と指摘した。

 使途明示の必要がない文通費について、「議論の急所は2つかと」として2点をあげた。

 「(1)新幹線&JR全線無料パスや本航空券もあるのに文通費100万/月も二重に貰える点」「(2)JRパスや航空券の使用内容が公開されず、特にJRなんぞ駅でパッと見せるだけな点」をあげたうえで、「H議員やY前議員のJRパス不倫旅行とかありましたね」と記した。

 丸山氏は無料パスなどは、これまでにユーチューブなどで実物を示して詳細解説を行っていた。

関連リンク

  • 11/21 15:35
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます