西島秀俊&中村倫也「仮面ライダーBLACK SUN」W主演決定 共に「仮面ライダー」初出演

【モデルプレス=2021/11/21】俳優の西島秀俊と中村倫也が「仮⾯ライダーBLACK SUN」のW主演を務めることがわかった。21日、オンラインイベント「TAMASHII NATION ONLINE 2021」内で発表された。

◆西島秀俊&中村倫也、仮面ライダー作品初出演

本作は、仮面ライダー生誕50周年を記念し、人気作『仮面ライダーBLACK』(1987〜1988年放送)を30年以上の時を経て新たにリメイクしたもの。作品の指揮は、『凶悪』や『孤狼の血』などのヒット作品を数多く手がけてきた白石和彌監督が務める。

主⼈公であるブラックサン(南光太郎)役は白石監督作品に初出演となる西島、主⼈公のライバル・シャドームーン(秋⽉信彦)役は中村に決定。2人はともに仮⾯ライダー作品に初出演となる。

西島は本作について「白石監督なのできっと深い深い社会派の人間ドラマになると思います。大人の皆さんが楽しめる、さらに子どもたちが心の中に仮面ライダーを持って生きられる、そんな作品にします!全力で、命がけでチャレンジしたいと思っています」と意気込みを表明。

中村も「白石監督らしく、しっかり⼈と⼈の物語や歴史、カタルシス、さらに仮⾯ライダーの持つかっこよさや、ブラックの持つ痛みなど、たくさん味わえる作品になる予感がしています」と作品への期待を語っている。

◆白石監督らインタビュー映像も公開

さらに、配信ではブラックサンの愛機・バトルホッパーの実機なども披露。また、今回の情報解禁に合わせて白石監督・コンセプトビジュアル担当の樋口真嗣氏・特撮監督の田口清隆のインタビュー映像も公式サイトにて公開されている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/21 13:04
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます