お育ちがにじむ。贈答品と手土産にまつわる常識・非常識

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/259430/ )

贈答品については郵送することが多いかもしれませんが、手渡しする場合の正式な作法を(一社)日本プロトコール&マナーズ協会松田先生にお聞きしました。

【連載/気品を身につけるシンプルな教え#22/贈答品編】

 

 

 

贈答品の正しい渡し方は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/259430/ )

そもそも贈答品とは、お相手への想いを伝え、友好の気持ちを形にあらわすことです。「お世話になっています」「いつもありがとうございます」、「これからもよろしくお願いします」、そして「おめでとうございます」など、思いやりなどの”気持ち”を贈りたいものです。

 

風呂敷に包む意味は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/259430/ )

贈答品は、けがれを祓う意味や埃除けの意味からも風呂敷で包み、道中で使用した紙袋のままお渡しするのは失礼になりますので、必ず紙袋から取り出します。お渡しする際には、紙袋から品物を取り出し、次に風呂敷を外します。その紙袋や風呂敷は持参した自分のバッグなどにしまいます。

 

90度ずつ回してお相手に正面にしたら両手で渡す

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/259430/ )

贈答品の正式な渡し方は、立って渡す場合、お渡しする品物をご自分の胸の高さのところで、正面を自分の方に向けて持ちます。次にお渡しする品物を時計回りに90度ずつ回して、正面がお相手の方に向いたところで、両手でお渡しします。

 

紙袋の正式な取り扱いは?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/259430/ )

外でお会いする場合は、お持ち帰り頂く新しい紙袋を別に用意してお相手の方にお使いになられるかどうかを伺います。紙袋をお使いになる場合は、お渡した品物を一旦預かって、紙袋にお入れしてからお渡しします。

 

お相手の負担にならない適切なセレクトを

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/259430/ )

贈答品は、お相手がお返しに困るような高価過ぎるものを贈ることを控えます。お相手の好みやライフスタイルなどを考えて喜んでいただける物を事前に選んでお持ちしましょう。一般的には食品が多いですが、生菓子などその日のうちに食べなければいけないものでないほうが良いですね。話題のお菓子、日持ちする物が良いでしょう。

 

続いては外国人のお友達への贈答品について。

外国人のお友達への贈答品はひと工夫を。また、注意も必要!

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/259430/ )

外国の方への贈り物は、その国や地域の工芸品や他では手に入れることの出来ない品を基本にして考えるなどしましょう。

たとえば、日本から海外への贈り物として、多くの国で人気のある日本の家電製品や、日本の技術を生かした実用品(和紙・折り紙・筆等)も良いでしょう。寒い国の方へは、使い捨てカイロや防寒着を贈り喜ばれることもあります。

 

何より、お相手の趣味に関係するもの、両国の友好に因んだもの、話題性のあるものなど、ひと工夫が必要です。

 

外国の方への贈り物には注意も必要です。まず、お相手の宗教や健康上のタブーを事前に確認しましょう。アルコールを禁じられている方にお酒を贈ってはいけません。

 

負担のない高価でないものとして生花、書籍、キャンディなど

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/259430/ )

外国の方へ贈答品をお渡しする際には、前述した「負担のない高価でないもの」といった意味で、生花、書籍、キャンディなどを贈る習慣があります。これは、日本での名刺代わりの意味に留まり、受けた方にお返しの義務を負わさない心配りでもあります。

 

花の場合は国花や国旗の色を。真っ白の花は弔意の国もあるので注意

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/259430/ )

花を贈る際には、お相手の方の好みの花を贈るのはもちろん、国花や国旗の色のアレンジメントは敬意表現であり喜ばれます。ただ、国によって花言葉が異なりますので注意してください。真っ白の花は弔意になる国も多いので、事前に調べる必要があります。相手の方の好みや宗教、文化などを調べず、自分の好みや個性を最優先してしまうと、無礼になることがありますので気を付けましょう。

 

訪問先の近くにある店舗で買うなどは失礼なことなので注意を

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/259430/ )

贈答品については、訪問先の近くにある店舗で買ったものを手土産にしてはいけません。理由は、お相手に「土産を買い忘れた」と思わせてしまう可能性があるからです。

 

心がけておきたいマナーとエレガンスの観点から、日本女性としてふさわしい贈り物の選び方、渡し方をお伝えしました。お贈りする気持ちとなかなかお会いできない方々へ今年はお伺いしてみるのもいいですね。

 

 

関連リンク

  • 11/21 3:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます