入会金が110万円!?ブラックカードの年会費がインフレ気味

拡大画像を見る

クレジットカードは年会費が安い一般カード、券面がゴールドのゴールドカード、シルバーや黒い券面のプラチナカード、最上位のブラックカードの4段階になっている事が多いです。

もちろん、きれいに4つに分かれていないカードも多く、例えば全ラインアップで金属製の「ラグジュアリーカード」は、年会費の一番安いチタンカードでもプラチナカードとなります。安いと言っても5.5万円(税込)!

この「ラグジュアリーカード」が日本で開始して5周年を迎え、現在の最上位カードである「Gold Card」よりも年会費が高いカードを発行しました。

入会金110万円、年会費は66万円

カード名称は「Mastercard Black Diamond」

ブラックダイヤモンドですよ。本当にクレジットカードにダイヤモンドが埋め込まれているんです。カードを見ると左上のダイヤモンドがキラキラ光ります。

ダイヤモンドはハイジュエリーと同水準のグレードで、職人が手作業で1時間も磨いているとのこと。

特殊加工を施してダイヤモンドを配置しているので、カードを挿入して暗証番号を入力して引き抜いたらダイヤモンドがとれていたっていうことはないみたいです。安心です!

この、Black Diamondは入会するだけで110万円(税込)もかかります。しかも払えば入会できると言うわけでもなく、完全招待制のため、選ばれた人しか入会できません。選ばれているのに110万円も払う必要があるんです。

さらに、年会費が66万円(税込)初年度だけで170万円って......車買えますよね。

家族カード(法人の場合は追加カード)は4枚まで無料で、すべて同じ素材(ダイヤモンド付き)のカードです。

気になる特典は?

66万円もするカードにはどんな特典があるのでしょうか?

目立つところでいうと、大手エアラインの国際線特典航空券として、日本-ハワイ便の往復ビジネスクラス相当のマイルが毎年プレゼントされます。

日本-ハワイのビジネスクラス分のマイルを金額換算してみます。例えば、来年2月のJAL便で東京-ハワイ間を「Business Saver」で検索すると、往復で約24.6万円。もう、年会費の1/3は回収できました!

ほかにも、ニューヨーク発のファッションサイト「GILT」の目利き担当者が個別にヒアリングし、セレクトするカスタマイズギフトが年2回プレゼントされます。1回当たり15万円程度ですから30万円相当の特典ですね。年会費回収まであと少し。

ポイントの還元率も高く2%還元です。100万円使うと「2万円分」のポイントが戻ってきます。年会費が66万円もするようなカードを持つ人であれば年間1000万円以上は使うでしょう。これで20万円の還元。もう年会費以上はお得になりましたね!

コンシェルジュデスクはラグジュアリーカードの中でも熟練の3名が担当し、予約が取りにくいレストランなどが会員向けに確保できるとBlack Diamond会員から優先的に案内してくれるそうです。わくわくしますね!

もちろん、今までの最上位カードであるGold Cardの特典も全て利用できます。TOHOシネマズやイオンシネマズなどで月3回まで無料で映画鑑賞できたり、対象のレストランをコンシェルジュデスク経由で予約すると、片道ハイヤーの送迎が無料でついたり、提携国立美術館はカードを見せるだけで所蔵作品展を鑑賞できたり、様々な特典を利用できます。

こういったことから、Black Diamondカードは、豪華な特典が欲しい方には最適なカードといえます。

なお、従来の招待制であった個人向けGold Cardは申し込みできるようになっています。興味のある方は、とりあえず年会費22万円(税込)のGold Cardから申し込んで見てはいかがでしょうか。

菊地崇仁

ポイント交換案内サイト「ポイント探検倶楽部」を運営する株式会社ポイ探の代表取締役。さまざまなポイントやカード情報に精通し、テレビや雑誌等で活躍中。著書に『新かんたんポイント&カード生活』(自由国民社)等がある。

関連リンク

  • 11/21 10:30
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます