『アメトーーク!』“読書芸人”復活に歓喜の声も、メンバーは世代交代へ 「又吉いないのか…」

拡大画像を見る

これまで2012、2015、2016、2017年と、計4回に渡って放送された“読書芸人”。初回となる2012年は又吉直樹(ピース)、若林正恭(オードリー)、光浦靖子(オアシズ)、小沢一敬(スピードワゴン)、哲夫(笑い飯)らが登場。以降、又吉と光浦は2017年まで毎回出演し、若林は多忙で読書量が減ったため2017年は出演を辞退している。カズレーザーが2016年から新しく加わったことで、小説だけではなく色んなジャンルの本が紹介されるようなった。「本は、タレントがテレビで紹介するとよく売れる」と言われており、“読書芸人”の影響力は絶大。2017年にカズレーザーが紹介した『妻に捧げた1778話』(眉村卓)は2004年刊行にもかかわらず、番組放送直後に20万部も増刷されたという。各書店で、「読書芸人」コーナーが作られるというのも頷けるのである。

さて4年ぶりに放送される“読書芸人”企画は、ガラリと顔ぶれが変わっている。加納(Aマッソ)、前田裕太(ティモンディ)、ニシダ(ラランド)、上田航平(ゾフィー)が初登場で、従来のメンバーで残っているのはカズレーザーだけだ。20~30代の読書好き芸人が集まり、どんな本を紹介してくれるのか楽しみである。

久々の“読書芸人”企画に、ネットでは歓喜の声があがっている。「久しぶりの読書芸人にワクワクしている」「もう読書芸人やらないのかと思ってたけど意外なメンツでやるそうで嬉しい」「カズレーザーの他は新メンバーの読書芸人。読書好き芸人の話を聞くのは楽しい」「ニシダも一緒だ~! ほんとにちゃんと読書芸人だ…嬉しいね」という声がある一方で、「アメトーークの本屋で読書芸人にまでついに世代交代の波…! 光浦さんは留学しちゃったし又吉さんは読書芸人の域を超えてるし若林さんも超多忙だから仕方ないか」「読書芸人すき でも又吉いないのか…」「出演メンバーがほとんど変わっているのが少し寂しくもありますが、新メンバーの本の紹介も楽しみだし、カズさん続投に感謝」と、見慣れたメンバーがいないことに戸惑いの声も見受けられた。なお放送は、12月2日となっている。

画像2、3枚目は『ゾフィー 上田航平 2021年11月20日付Instagram「#アメトーーク#本屋で読書芸人」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 11/21 11:13
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます