40歳のイブラヒモヴィッチが2ゴール! セリエA最年長記録を更新

拡大画像を見る

 ミランに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、セリエA最高齢で1試合2得点を記録した。

 セリエA第13節が20日に行われ、ミランはフィオレンティーナと対戦。3点のリードを許して迎えた62分、イブラヒモヴィッチが右足を振り抜き1点を返すと、67分にはテオ・エルナンデスのクロスにイブラヒモヴィッチが左足で合わせ、1点差に詰め寄る。しかし、その後両者1点ずつを奪い合い、試合は3-4で終了。ミランは今季リーグ戦で初黒星を喫した。

 データサイト『OPTA』によると、40歳48日で2得点を挙げたイブラヒモヴィッチは、セリエAで1試合2得点を記録した最年長記録を更新。また、2000年代では欧州5大リーグで1試合2得点を挙げた初の40代選手にもなったという。

 負傷の影響で今シーズンここまで公式戦9試合の出場にとどまっているイブラヒモヴィッチだが、5ゴール3アシストを記録するなど40歳になってもチームの攻撃をけん引する活躍を見せている。

関連リンク

  • 11/21 10:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます