千鳥・大悟、1000万円稼いで900万使う家計システムに集まる妻への称賛

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・千鳥の大悟が11月14日放送のTBSラジオ「川島明のねごと」に出演し、家計の管理は全て自分が主導権を握っていることを明かした。

 大悟と相方・ノブ、そして番組パーソナリティの麒麟・川島明の3人がいずれも妻子を持つ売れっ子芸人ということで、「毎月の給料を誰が管理しているか」との話題に。大悟は「家族は給料も知らん、わしの」と打ち明けると、ノブも大悟による独特な家計のルールについて「給料明細、吉本からもらうやつは大悟しか見てないんですよ。奥さんは大悟がいくらもらってるかわかんなくて、大悟が家のお金を管理してるんですよ」と説明した。

 さらにノブは「奥さんと子供に、大悟が今月はこれで暮らそうなって(大悟が決めた金額を)渡してるんです。すごいシステムでしょ?」と補足し、川島も「こいつがハンドル握ってるの?」と驚愕。一方、ノブは妻に給料の管理を任せているが、「大悟みたいにしたいけど、嫁が絶対それは許さんやん。保険とかもあるから、全部管理するわ、税理士さんとやるわって絶対になってくるやん」と“大悟流”に思いを馳せるも、やはり現実的ではないという。

 これに大悟は、もともと結婚する前からの妻との取り決めだったと説明。「なんぼ稼いでも、月に1000万円稼いだとしたら、(妻に)100万渡して、(自分が)900万を全部使っても文句言うなっていう最初の契約です。それが続いてるだけやから、ウソもなんもついてないし」と具体的な内訳のイメージを語ると、ノブは「凄いな。奥さんが偉いですよね」と大悟流家計システムに従う妻の度量を称えた。

「大悟は2019年9月25日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した際も、給料の管理についての話題となり、全て自分がやりくりしていると説明。そのやり方は豪快そのもので、基本的に生活費以外は毎月全額使ってしまうと明かし、ノブから『たまに給料、ズギャーンと入ってくる時あるやん』とまとまった金額が振り込まれる時の使い方を聞かれ、『ズギャーンと使う』と回答。あまり貯蓄に回す気はなく、共演者を驚かせていました。

 また、大悟といえば、2020年3月に敬愛する志村けんさんが他界すると、運転免許を持っていないにもかかわらず、志村さんの愛車である高級車『キャデラック・エスカレード』を500万円で購入したことも話題に。堅実さよりも太っ腹に生きていくのが大悟流なのかもしれません。

 ネットでは、そんな家計システムに対し、『大悟はだいぶ稼いでるだろうから、給料の一部といってもそれなりの金額を奥さんに渡してると思う。仮に1000万円としても100万で‥‥と仰ってる通り、普通のサラリーマン家庭では月100万の生活費なんて無理ですから』との声や、『大悟さんの友人、後輩、周りの人なら頼りになりそうだけど、夫にはしたくないタイプね。不貞はするし笑 奥さん偉いなぁ』『奥さんはかなり苦労してきてると思う』『大悟さんの奥さんの懐の広さを感じます』などの指摘がありました」(テレビ誌ライター)

 今や超売れっ子芸人となった千鳥だが、ここまでの道のりは長く険しいものだっただけに、妻の気苦労も相当なものだったかもしれない。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 11/21 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • ***

    12/1 20:43

    豚に真珠、猫に小判。所詮アホに金渡しても無駄。使いたいだけ使う?全部使う?アホそのもの

  • ***

    11/24 14:58

    大金が入ったら殆ど使う。。。あほに金渡したらこうなりますわ

  • ツミレ

    11/24 12:30

    ↓毎月必ず決まった額とは言ってない。必ず100万ならそりゃ偉いけど、そうじゃない。大悟の気分次第で、1000万稼いでも1円も入れない月もある危険性がある。だから、下手すりゃ0円でもなんとかなるよう家計やりくりしてる奥さんエライと言われてる。

記事の無断転載を禁じます