香里奈、復帰後初の公の場“超ミニ”姿で「下半身」に注目が集まったワケ

拡大画像を見る

 女優の香里奈が11月16日、都内で行われた「OSAKA OHSHO Presents THE BEST GYOZANIST 2021」授賞式に登場。超ミニのワンピース姿で見せたナマ脚で、ファンを大興奮させた。

 同授賞式は、「大阪王将 羽根つき餃子」など冷凍食品事業を展開するイートアンドフーズが主催。“最も餃子愛にあふれた人”を発表するイベントで、大阪王将の冷凍食品シリーズのCMに出演する香里奈がプレゼンターとして登場した。

「香里奈は9月に急性腹膜炎と診断され入院。今回が復帰後初の公の場となりました。目の覚めるような赤のワンピース姿で登壇し、笑顔で全快をアピールしていましたが、とにかく目を奪われたのが膝上20センチのミニから伸びたナマ脚です。これが細すぎず太すぎずの美脚で、太腿とふくらはぎ付近にはみっちりと筋肉のスジが入り、肌もツヤツヤだったんです」(芸能ライター)

 ネット上でも、《これぐらいの肉付きが女性はちょうどいい。やっぱり香里奈はスタイル抜群だよな》《(あの美脚に)挟まれたい》《とても37歳とは思えない美脚ぶりだわ》など絶賛の声が上がっている。

「大阪王将の公式YouTubeチャンネルでは、CMの銘動画が公開されていますが、その中ではCMでは見られない、ビジュアルの撮影風景も収録されています。そこでの彼女は光沢のあるシルクのような生地のワンピースを着てポーズを決めているのですが、形のよさそうなバストが大きく盛り上がり、以前にも増してボリュームアップしている様子。下半身に加え、上半身も垂涎モノのボディを保っていることは間違いありませんよ」(芸能ライター)

 四十路に向けて、今後のフェロモン増量に期待したい。

関連リンク

  • 11/21 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます