「トップガン」日本S中継で65分遅れもトレンド1位 新作グース息子声優に宮野真守

拡大画像を見る

 米俳優トム・クルーズ主演の映画「トップガン」(1986年)が20日夜、フジテレビで放送された。本編放送後には映画の続編「トップガン マーヴェリック」の日本公開が来年5月27日に決まったと発表された。

 米海軍のエリート・パイロット養成学校・トップガンに、破天荒なパイロット・マーヴェリックが教官としてカムバックし、型破りな指導を行う。

 吹き替え版声優は、主人公マーヴリック役を森川智之、かつての相棒グースの息子で教え子となるルースター役を宮野真守が担当することも発表された。

 飛行シーンにCG合成を使わず、リアルな空中戦(ドッグファイト)を展開する作品のメイキング映像も公開された。

 一方で86年版の放送は、日本シリーズ中継後に65分遅れで放送されたが、深夜に「トップガン」がツイッターのトレンド1位となり、「F-14」など関連ワードもトレンド入りし、盛り上がりをみせた。

関連リンク

  • 11/21 9:26
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます