船越英一郎と角野卓造のコンビが活躍!十津川警部シリーズの最新作

拡大画像を見る

11月22日(月)の「月曜プレミア8」枠は、船越英一郎主演の『西村京太郎サスペンス 十津川警部の事件簿「悪夢」』(テレビ東京系、20:00~)が放送される。

同ドラマは、西村京太郎の人気作品が原作で、人並みはずれた記憶力と推理力で難事件を解決に導く十津川警部シリーズの最新作。

<あらすじ>
多摩川の河川敷で刺殺体が発見され、警視庁・捜査一課の十津川省三(船越)、亀井定男(角野卓造)ら十津川班は現場へ急行。被害者・中村健治(内田朝陽)は、殺される直前、襲われそうになっている女性を救おうとしていたことが分かる。

恐らく、その犯人に殺されたのではないかと見立てるが、空手の有段者である中村があっさり殺されたことに十津川は疑問を抱く。

西本明(笠松将)や羽村凛々子(大野いと)の調べにより、現場近くでは最近、女性を襲う事件が多発しており、犯人の手の甲には“虎のタトゥー”があったという有力な証言も得られる。

一気に事件解決に向かいかけるが、さらなる事件発生で思わぬ展開を迎える。連続殺人事件の裏に潜む、悲しい“悪夢”の真相とは!?

関連リンク

  • 11/21 9:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます