将来は破局確定。めっちゃ仲いいのに別れが早いカップルの共通点

拡大画像を見る


すごく仲良しだと思っていたカップルから「別れた」と聞いたら、驚いてしまいますよね。でももしかしたらその二人は、破局する運命だったのかもしれません。
めっちゃ仲いいのに別れが早いカップルには、このような共通点があります。あなたも今後の参考にしてくださいね。


不満を溜め込む

相手に不満を伝えず我慢すれば、ケンカは免れるでしょう。しかし、その不満は解消されないまま、不満は大きくなる一方です。ケンカがないカップルは、とてもいい関係に見えますよね。
ですが、お互いに不満がまったくないわけではありません。自分の中で不満が爆発しないように、相手へ伝えることも必要です。


片方が合わせているだけ

表面的に仲良く見えていても、実は片方が合わせているだけ、なんてカップルも少なくありません。
合わせてもらっている側は、きっと心地良く感じるはず。しかし、それは相手の努力があってのことです。
相手が「疲れた…」と感じれば、そこから関係は崩れていきます。また、好きな人のためにと無理をするのは、決していいことだけではありません。
自分を追い詰めることにもなりかねないため、少しずつ自分を出していきましょう。


価値観があまりにも違いすぎる

価値観があまりにも違いすぎるカップルも、別れが早いです。初めのうちは、自分にない価値観を持つ相手へ「おもしろい」「すごい」と思うでしょう。
ですが、お互いに共感し合えない点がデメリット。意見も分かれやすいので、付き合いが長くなるにつれてケンカも増えてしまいます。
価値観の大きな違いは、夫婦の離婚理由にも常にランクインしているほど。ですから、付き合う前に相手の価値観を知ることは重要と言えますね。


依存している

お互いに依存しているカップルは仲良く見えるでしょう。しかし、そうしたカップルも別れは早いですね。
一緒にいることが当たり前になるため、窮屈な恋愛になりやすいです。そうしたカップルに必要なのは自立。
一人の時間も楽しめるよう、恋愛以外に好きなことを見つけるべきです。

このような付き合い方をしていれば、最終的に別れてしまいます。大好きな彼ができたとき、ぜひ参考にしてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/21 7:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます