「あなたは遊び相手だから!」本命でない男性を牽制するには?

拡大画像を見る


親しくしている男性でも、全員彼氏候補というわけではありません。モテる女性の場合「仲は良いけど彼氏ではない」という遊び相手の男性をキープしていることもあるでしょう。
そういう女性は、遊び相手にしかならない男性に「俺も彼氏になれるかも!?」と誤解されるのが一番面倒ですよね。そこで、今回のコラムでは「友達としては良いけど本命には無理な男性」を牽制するためにおすすめなLINEの文面を紹介していきます。


デートの誘いには即答しない

男性からデートに誘われたら、どんなに暇な時や行きたい場所であっても即答しないようにしましょう。すぐに「行けるよ!」と返すと、男性は「俺とのデートが楽しみなんだな」と誤解してしまいます。
行きたい場合でも「うーん、他の予定も見てみるから〇日まで待って」のように、一度予定を確認する素振りを見せて相手の優先度が低いことをアピールしましょう。


相手からの恋バナは曖昧に答える

男性から恋バナをされることもあるでしょう。たとえば彼氏の有無や、今彼氏がほしいと思っているのかどうかを好きな女性に聞く男性も多いと言われています。
そういう質問には、曖昧な返事をしましょう。「彼氏ねぇ、いても良いけど~......うーん、微妙!」のように、真意が分かりづらい返事をすることで、遠回しに脈ナシアピールをするのがおすすめです。


好みのタイプは男性と共通点がないように注意!

ストレートに好みのタイプを聞かれた場合でも、正直に答える必要はありません。たとえば細身で筋肉質の男性がタイプでも、その男性が同じタイプなら「結構ゴリゴリ系かな?」のように違うタイプの男性を答えましょう。
「好きになった人がタイプ」などの返答も男性を期待させるので、敢えて違うタイプを答える方がおすすめです。


遊び相手には良いけど本命にはなれない男性とは少し距離を置こう!

自分を好きになってくれたこと自体は嬉しくても、どうしても友達以上には見られないという人もいるでしょう。そういう人の気持ちに無理に応える必要はありません。相手を傷つけないように徐々に距離を置き、相手から諦めてもらえるように仕向けましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/21 7:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます