「バラエティ女王」の指原莉乃も映画主演でランクイン!「元AKB48躍進女優」4位以下【ランキング】

拡大画像を見る

 NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で、上白石萌音、深津絵里とともに川栄李奈がヒロインを務めることが話題になっている。元AKB48で朝ドラヒロインを務めるのは、川栄が初めてとなる。そこで本サイトでは10~20代の女性100人に「元AKB48で大活躍している女優」についてアンケート。別記事でトップ3を紹介したが、ここでは第4位以下の結果を見ていこう。

 第6位(1.0%)は、小嶋陽菜、篠田麻里子、指原莉乃の3人が同率でランクイン。

 テレビドラマ初出演は2007年放送の嵐・二宮和也と櫻井翔のダブル主演ドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)だった小嶋陽菜。2012年放送の『メグたんって魔法つかえるの?』(日本テレビ系)では、単独主演を務めた。小嶋には「テレビにたくさん出演してる気がするから」(29歳/女性)との声があった。

 一方、9~10月にかけて上演された桐谷健太主演の舞台『酔いどれ天使』での、悪女役が話題になった篠田麻里子。近年は、2019年放送のドラマ『後妻業』(フジテレビ系)、同年放送の『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK)に出演するなど、コツコツと女優としてのキャリアを重ねている。篠田には、「ドラマに出ている姿をよく見る」(36歳/女性)という理由が挙がった。

 現在、『ゼロイチ』『今夜くらべてみました』(ともに日本テレビ系)などでメインMCを務める他、多くのバラエティに出演、アイドルのプロデュースや、YouTube配信と幅広い活動をしている指原莉乃。バラエティのイメージが強い指原だが、2014年公開の主演映画『薔薇色のブー子』では、女優の顔も見せている。そんな指原には、「とにかくテレビに出ているイメージなので」(30歳/女性)と知名度が理由に挙がった。

■小栗旬主演2022年大河ドラマにも出演

 第4位(2.0%)は、北原里英、秋元才加が同率でランクイン。

 来年1月公開予定の日中合作映画『安魂』に出演している北原里英。今年2月には、主演映画『トラップ・ガール』が公開、7月期放送の古川雄大主演ドラマ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』(テレビ東京系)では、メインキャストとして看護師役演じるなど女優として活躍している。そんな北原には、「有名な映画にたくさん出演しているから」(14歳/女性/学生・フリーター)、「女から見ても魅力的だと思う」(34歳/女性)など声が見られた。

 そして、来年放送される小栗旬主演NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に、巴御前役で出演予定の秋元才加は、2020年公開のアメリカのアクション映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』で、ハリウッドデビューもはたした。今年は、比嘉愛未主演ドラマ『にぶんのいち夫婦』(テレビ東京系)、TOKIOの松岡昌宏主演の『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』(WOWOW)に出演。7月には三谷幸喜作、演出によるオリジナルミュージカル『日本の歴史』にも出演、舞台でも活躍している。秋元には、「ミュージカルなどの舞台で、実力派として活躍しているイメージだから」(35歳/女性/総務・人事・事務)、「独自路線で頑張っている」(22歳/女性)などの理由が挙がった。

 卒業後もドラマや映画で存在感を発揮する元AKB48のメンバーたち。今後もどんな演技を見せてくれるのか注目だ。

関連リンク

  • 11/21 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます