「あなたの旦那さんが好きです」女子大生に言われて妻は思わず…

「妻が輝いていることが、僕の喜びです」

令和の東京。妻に理解のある夫が増えている。

この物語の主人公・圭太もそのうちの1人。

・・・が、それは果たして、男の本心なのだろうか?

元来男は、マンスプレイニングをしがちな生き物だ。

高年収の妻を支える夫・圭太を通じて、東京に生きる『価値観アップデート男』の正体を暴いていく。

(マンスプ=マンスプレイニングとは、man+explainで上から目線で女性に説明するの意味)

◆これまでのあらすじ

藤堂圭太(34)は、商社を退職し、イラストレーターの仕事をしながら家事全般を担って、自分より年収のある経営者の妻・香織(36)を支えている。だが、したたかな就活生・未久(21)から好意を抱かれていることを知る。

圭太から未久に関する報告をうけた香織は、「私が未久ちゃんの面倒を見る」と言い出したが…。

▶前回:「いい夫ぶるのも、いい加減にして!」妻がイラつく、誰にでも優しい男の本性

「夫のことを好きだ」という女との対峙


「もしかして、本当に圭太くんのことが好きなの?」

慌てる私をよそに、未久は少し間を空けてから言った。

「…正直に言うと、憧れてます」

「それは『異性として好き』ってこと?」

間髪入れずに質問してしまう。

「好きです」

未久が断言するので、私は絶句してしまう。

「…でも『異性として好き』とは、ちょっと違うというか…」と、未久は困ったように首をかしながら言葉を続ける。

「つい最近見た恋愛ドラマで、主人公の女性が『素敵な男性はだいたい結婚している』とボヤいてて…」

― 現実世界でも、よく聞くセリフよね。

未久は、早口で続けた。

「私も、その感覚に近いです。藤堂さんは、正直、素敵な男性だと思います。男尊女卑しないし。ちゃんと価値観がアップデートされているし。さすが、香織さんが結婚相手に選んだだけの人だと思います。本当にさすがです!」

未久の勢いに押されて、私は思わず「あぁ、ありがとう」と答えてしまう。

「そういう意味で、私は藤堂さんが好きだし、香織さんとの夫婦関係にも憧れます。かといって藤堂さんと付き合いたいなんて思ってません」

だから安心してください、とでも言うような眼差しで、未久は私を見つめてきた。

でも、私は安心できなかった。

香織は、どうしても未久を意識してしまい…

私は、直感した。

― この子は……ううん、この“女”は油断ならない。

とはいっても、自分から「未久を引き受ける」と言ってしまった手前、私の会社で未久をインターンとしてしばらく雇うことにした。

基本的には私のアシスタントとして働いてもらい、社内のミーティングにはすべて参加させた。

未久は、コミュニケーション能力が高いから期待していたが、仕事の能力は、褒められたものではなかった。

ミーティングに参加してもひたすらメモを取るだけで、自分から発言することもなく、こちらが気を使って話を振っても、ピント外れの答えが返ってくるだけ。

だから、外部取引先との商談に同席させることはしていなかった。



「未久ちゃんって、まるで昔の私みたいなの。やる気はあるけど、やる気だけ。能力は低いわけ」

代官山のリラクゼーションサロンで茜音の施術を受けながら、私は愚痴るように言った。

「ということは、未久ちゃんも、いつか香織みたいに仕事のできる女になる可能性はあるってこと?」

ここ最近の私が未久のことばかり話すからか、茜音はすっかりちゃん付けで未久を呼んでいる。

「まあ、やる気さえあれば、いつか能力が追いつくこともあるけど」

「何その顔。不満があるわけ?」

茜音に聞かれて、私はふてくされながら答えた。

「不満はあるわよ。そういうところも含めて色んな部分で私のコピーみたいに思えて、それが気持ち悪くて…」

いつか見たハリウッド映画の話を、私は茜音にした。

ある女性が女友達に憧れを抱き、ファッションや言動など彼女の真似をしていくうちに、女友達のポジションや恋人などあらゆるものを奪っていく物語。

ストーカーとは違った怖さがあった。

「なるほど。つまり、その映画みたいに、ケイタマンのこともいつか奪われちゃうかもって、香織は怯えてるわけだ」

茜音の意見を否定できない自分がいる。たとえ、圭太に限って未久になびくことはない、と思っていても。

「そうなの。だから未久ちゃんを妙に意識しちゃって、気持ちが疲れるわ」

私がそう言うと、ラベンダーオイルで腰をマッサージしていた茜音が「たしかに体も疲れてるようね」と笑った。



その夜は、会食があった。

私の会社の社外取締役をしている男性3名と、今後の経営方針について、そこでざっくばらんに話し合うつもりだった。

場所は、グランドハイアット東京から程近い古民家を改装した『食堂弐番』という和食屋さんだ。この店は、座敷の個室もあるので、リラックスしながら大事な話をしたいときによく使っている。

しかし、茜音の施術を終えたところで、集合時間を1時間も勘違いしていたことに気づく。


「ごめんなさい。すぐに行きますから」

雨が降り出した代官山からタクシーに乗り込み、すぐに電話で社外取締役に伝えたが、おどろきの返事が返ってきたのだ。

「大丈夫大丈夫。未久ちゃんのおかげで楽しんでいるから」

会食はすでにスタートしていて、社外取締役たちは未久とすっかり一緒に飲食しているという。

「…えっ?」

意味がわからなかった。

― ミク?それってあの未久?

混乱した直後に青ざめた。

「ミクちゃんって、うちのインターンの清水未久ですか?」

「そうそう。彼女楽しい子だね。清水社長も早く来なよ」

社外取締役たちとの会食に未久を呼んではいない。なのに、なぜそこに未久がいるのか?

「店に来る前、そっちのオフィスに寄ったら未久ちゃんがいてさ。清水社長のアシスタントをやってるって言うじゃない。だから呼んだんだよ」

私はタクシーの中で天を仰いだ。

子どもは大人の話し合いに参加させない。そういう思いで取引先との商談に未久を同行させていなかったのに…。

私の会社経営をさまざまな面から支えてくれている社外取締役たち――いずれも50代の男性たち――との会食も同じだ。

― どうか、あの子、粗相をしませんように…。

店へ向かいながら私は祈っていた。

未久は、大人の男たちを相手に勝手に場を盛り上げていた?

夫の反応


「それで、どうなったの?」

まるで数時間前の私のように、驚いた様子で圭太が尋ねてくる。

社外取締役たちとの会食を終え、疲れ切った私は帰宅と同時にリビングのソファに埋もれ、今夜の顛末を伝えていた。

「それがさ……未久ちゃん、想像以上だったの」

「想像以上?」

「社外取締役は3人いたんたけど、未久ちゃん、その全員の心を完全に掴んでいたの。全員よ?全員…」

若い女が年上の男をコントロールするための最有効手段。

それはマンスプしたい男の願望を満たしてやること。未久の得意技だ。実際、圭太のような価値観アップデート男ですら、未久に“攻略”されてしまった。

が、今夜は、相手にしなければならない男性は3人もいたから、さすがの未久にも難しいだろうと思っていた。

マウント合戦は女よりも男が強烈で、年収・権力・立場・女性関係…などさまざまな分野で男は、別の男と張り合い、そして勝ちたがる。

だから、未久がどれだけ「すごいですね」「何でも知ってますね」と褒めたたえるテクニックを持っていても、誰かひとりを勝たせるわけではなく、3人の男に平等にしないといけない。

「そんな難しいミッションを、未久ちゃんは完璧にこなしていた」

圭太は唖然としている。

「しかも相手は50代の男性、全員が社外取締役よ?それなのに臆することなく、それぞれのマンスプ願望を満たしてあげてた…」

「…すごいな…」

圭太はボソッとつぶやいた。

「私も、本当にすごいなって思ったの。でも、それと同時に…」


未久は想像以上の“やり手”だった。そんな彼女に対して、私は底知れぬ恐怖を感じていた。

「未久ちゃんが、このまま私の会社に就職したり、他の会社でも同じ業界だったら、私のポジションがあっさり彼女に奪われるような気がしたの」

感じた恐怖を、正直に圭太へ伝える。

「え、考えすぎじゃない?社長がインターンをどうして恐れるの?」

共感してもらえると思ったが、圭太は笑い飛ばした。

「…そうだよね。考えすぎだよね」

私も笑みを浮かべたが、圭太に同調を求めた自分が悪かった、と内心後悔した。

― それにしても、ひと回り以上年下の女子大生に怯えるなんて、私も歳をとったものね…。

男と違って、女には“仕事のポジション”が圧倒的に少ない。少ない椅子を奪い合っている状況なのだ。

私の場合、男性や年上の女性とばかり競い合ってきた。

20代のころは、今の未久と同じように年上の上司たちの心を操ることで、そのポジションを手に入れてきた。しかし、今では競う相手が年下の女の子だ。

しかも、かつての自分にそっくりな…。これは、いろんな意味で恐怖だった。

― やっぱり、男には伝わらないよね、この感覚…。



未久の話を切り上げ、シャワーを浴びたあとのこと。

リビングでボディークリームを塗っていると、スマホのバイブ音が鳴り響いた。キッチンのカウンターに置きっ放しの圭太のスマホが鳴っている。

― そういえば、圭太くん、最近スマホを買い替えたんだっけ…。

私は何の気なしに、圭太の新しいスマホを手に取ると、LINEのポップアップが表示されていた。

未久からだった。

『圭太さん、ご無沙汰しています。今度お茶しませんか?』

急に動悸が激しくなる。

未久は圭太のことを「藤堂さん」と呼んでいたはずだ。それが、いつの間に…。

脳裏にさまざまな思考がかけめぐる。私は大きく息を吐いて、自分を落ち着かせた。

― 圭太くんにかぎって…。

妻として、夫を信じることは愚かなことなのだろうか。


▶前回:「いい夫ぶるのも、いい加減にして!」妻がイラつく、誰にでも優しい男の本性

▶Next:11月28日 日曜更新予定
妻にバレているとも知らず、夫が取った行動は…?

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/21 5:05
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます