<超難読漢字>クイズ!【纜】この漢字読めたあなたは最強です!

あまり目にすることがない、今回の漢字「纜」。
非常に難しい漢字であり、これを読める方は漢字の猛者と言えるでしょう。

漢字は一文字ですが、ひらがなでは四文字であらわす言葉です。

(1)「纜」の読み方



あまりの複雑さに、見るだけでクラクラしてしまいそうな「纜」。
糸偏であることから、糸に関係する言葉であることは想像できそうですね。

しかし、右側の漢字は見たことがなく、謎に包まれている感じではないでしょうか。
ヒントとして四文字と伝えていましたが、これは「ともづな」と読みます。

読み方がわかっても、何をさしているのか謎ですよね。
それについては、次で見ていきましょう。
(『広辞苑』より)

(2)「纜」は船に関すること



「ともづな」と読むことから、つな=綱を連想している方も多いのではないでしょうか。
その連想どおり、綱で合っていますよ。

そして、纜とは船にかかわり、艫のほうにある船をつなぎとめる綱のことです。
船が波などで陸から離れないよう、ビットにくくりつけている光景が目に浮かぶでしょう。

ちなみに、ビットとは港でよく見かける金属製の突起のようなものです。
(『広辞苑』より)

(3)「纜」は「艫綱」とも書く



「ともづな」は「纜」以外に、「艫綱」という漢字でも書きます。
どちらも難読漢字ではあるものの、まだ「艫綱」のほうが綱と想像できるでしょう。

艫にある綱で、「艫綱」のほうがわかりやすいですね。
(『広辞苑』より)

(4)「纜」を使ったことわざ



超難読漢字である「纜」ですが、じつはことわざがあります。
どういうことわざで、どのような意味なのか、さっそく見ていきましょう。

ことわざ名は「出る船の纜を引く」。
「諦めきれず、未練がましい態度をあらわす」という意味です。

未練がある=出る船の纜をわざわざ引くという言葉でたとえています。
このような行いはよくないので、引くときはパッと引くほうがいいですね。

別れ際は清いのが一番です。
(『広辞苑』より)


船、その中でも船が港から離れないためにつなぐ綱をさす「纜」。
普段の生活ではほとんど見ませんが、港や海に行けば目にすることも多いです。

海や港に行き、ビットに綱がつながった船を見た際、「あれが纜か」と思い出してくださいね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/20 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます