日本を代表するワインがさらに進化!GRACE WINEから「三澤甲州 2020」が新登場


「GRACE WINE(グレイスワイン)」のブランド名で知られる中央葡萄酒は、「三澤甲州 2020」を、ワイナリー併設ショップと全国の特約酒販店にて11月27日(土)に新発売する。

香りの豊かさと複雑な味わいが特徴

2014年に、世界最大のワインコンクールDecanter World Wine Awardsで日本ワイン初の金賞受賞という快挙を成し遂げ、世界の扉を開いた「キュヴェ三澤明野甲州」が「三澤甲州」と名前を変え、さらなる可能性と共にバージョンアップしてリリースされる。


「三澤甲州 2020」は、日本でトップクラスの日照時間を誇る山梨県北杜市明野町の自社農園「三澤農場」で低収量にて育てられた甲州を、畑の土着酵母を使って仕込み、甲州では珍しいマロラクティック発酵(乳酸菌がワインに含まれるリンゴ酸を乳酸と炭酸ガスに分解する発酵)が自然に行われた唯一無二の味わい。甲州の新しい魅力を引き出した、香りの豊かさと複雑な味わいが特徴だ。

垣根式で栽培した甲州を使用


醸造家・三澤彩奈さんは、「日本では珍しい垣根式で栽培し、補糖、補酸などの醸造技術に頼らず、畑でナチュラルに凝縮した甲州を進化させるべく、挑戦を続けてきました。」とコメントする。


従来の棚式栽培と比較すると、小粒&高糖度になり、一般的な甲州よりも多くのリンゴ酸が含まれていて、2017年から2019年の3年間に亘り、試験用の一樽からマロラクティック発酵が自然に起こることも確認したという。

2020年には、畑での酒母用醪(もろみ)製造免許を取得し、日本のワイナリーで初めてブドウ畑の土着酵母をそのまま生かしたワイン造りを開始。産地特性を重んじた、これまでの甲州とは一線を画す「三澤甲州」が誕生した。

「三澤甲州 2020」詳細


「三澤甲州 2020」白(辛口)の容量は750mlで、アルコール度数は11.5%。

テイステイングノートは、『レモンイエローの外観。白桃、洋ナシ、リンゴなどフレッシュな果実のアロマと、白コショウ、クローヴのスパイス、ジャスミン、スイカズラの花香、キャラメルの甘やかな香りが奥ゆかしくも複雑に溶け合っている。口中はなめらかでふくらみのあるボリュームを感じ、うまみを含んだ酸が味わいを引き締めている。雑味のない余韻が残る。繊細な中にも凛とした強さが感じられ、熟成によるこれからの変化も楽しみな新たなスタイルの甲州。』となっている。

展示やトークショーも開催

また、11月26日(金)~12月9日(木)の期間、銀座蔦屋書店の一角にて、グレイスワインのラベルを手がけるグラフィックデザイナーの原研哉氏による「ワインとデザイン」をテーマにした展示を開催。

11月28日(日)には、同店内イベントスペースにおいて、フレグランスデザイナーの白石小百合さんとグレイスワイン醸造家の三澤彩奈さんによるトークショーも開催される。定員は先着20名。

「三澤甲州 2020」を手にれて、世界で高く評価されるワインのさらなる進化を確かめてみては。

中央葡萄酒公式サイト:http://www.grace-wine.com

■銀座蔦屋書店
住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階

画像をもっと見る

  • 11/19 21:47
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます