【マイルCS】ケイデンスコール安田隆師「ロードカナロアの仔なので特に頑張って欲しい」/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 一度挫折を味わった馬が再び活躍する例はホント少ないものです。新潟2歳Sを勝ち、NHKマイルCで2着という成績を残したあと、低迷を続けたケイデンスコールが今年の京都金杯で復活したときには正直、めっちゃ驚きました。

 でも、振り返って検証してみると、自らの状態さえ戻ればしっかりと結果を出すんですよね。そういう意味では、この中間の調教は凄く良かったですし、今回はかなり面白いのではないか、と思うのです。

「先週はものすごい時計を出しましたので、今週はセオリー通りでサッと流す程度で。余裕しゃくしゃくの調教でした。前走はまだ夏負けの尾を引いていまして、調教自体は動いていましたけど、まだ本来の動きではない、とジョッキーからも進言がありました。しかし、前走が終わって、ひと叩きしたことによって馬がしっかりしてきた。夏負けの影響も取れて、良い状態で挑めそうだと思っています」と安田隆師

 ケイデンスコールの復活について、厩舎サイドからは岩田康誠騎手の貢献が大きい、と聞いています。岩田さんといえば、ロードカナロアの主戦騎手でもありましたね。

「先週(の追い切りで)、岩田(康誠)さんに聞いた時には『馬のフォームで頭が低くなって、やっぱり毎日王冠より今回の方がいい状態で挑めそうだ』と言ってくれたので。楽しみにしています」(安田隆師)

 安田隆行厩舎はロードカナロア産駒が多いことでも知られています。それはロードカナロアが種牡馬として結果を出してからではなく、まだ結果が未知数の初年度から続いていることでもあります。預ける側が安田師にロードカナロア産駒を預けたがるというのもありますが、何より安田師自身がロードカナロア産駒が好きなんですよね。

 だからこそ、今回ケイデンスコールの話をしているときも「ロードカナロアの仔なのでね、特に頑張って欲しいと思ってます」という言葉が口をついたのでしょう。こういう思い入れを率直に話せてしまう安田隆行師、大好きです(笑)。

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 11/20 20:36
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます