上沼恵美子、歌ヘタなベテラン歌手「20人いる」発言に反響! 天童よしみも“キー下げ”歌手を暴露

 タレントの上沼恵美子が11月15日放送の『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)に出演。最近の出来事として、ベテラン歌手のヘタな歌声を聞いて「ソファから転げ落ちた」と明かした。

 この日は歌手の天童よしみがゲスト出演。「歌唱力っていうのは、絶対下がっていくんです、年と共に」と切り出した上沼は、天童の歌声を「(声が)年いってないもん、すごいなと」と絶賛し、「一生歌ってくださいますね」と生涯歌い続けることを熱望した。

 また、BSの歌番組をよく見ているという上沼は、「いろんな方がお出になります……ヘタになった人多いなあ!」と突然、語気を荒らげ、「致し方ないんですけどね、びっくりしますね。あまりのヘタさに、ソファから転げ落ちたのもあります、最近」と告白。さらに「20人くらいいるんですよ、“どなしたん!?”みたいのが。(昔は)うまかっただけに寂しいんです」「変わらない歌唱力っていうのは、ほんと数えるほどの方です」と落胆し、歌声が衰えない歌手として、天童、五木ひろし、鳥羽一郎、橋幸夫の名を挙げた。

 その後も上沼の辛口トークは止まらず、「(キーを原曲から)4度くらい下げてる方、いますね」と話すと、天童も心当たりがあるようで、「5度下げてる人も(いる)。全然声が低くなって、低い声もそんなに出ない……」と暴露。上沼が「もう(歌手を)辞めてよって人、います」「これ絶対(誰かは)言いませんよ、あたし。またいろいろ言われるから」と続けると、天童は「一番高いトップの音が出えへんようになったら、私らも(歌手を)諦めますわ」と宣言していた。

「このトークが一部スポーツ紙に取り上げられると、ネット上では、衰え知らずの歌手について持論を述べるネットユーザーが続出。『玉置浩二の歌声は、昔も今もすごい!』『スピッツの草野マサムネ! 今も高音が素晴らしい』『小田和正さん。74歳とは思えない美しい声』『B'zの稲葉さんは声帯オバケ。プロの鑑』『由紀さおりさんは、声帯を大事にされているのでしょうね』『THE ALFEEは、声も見た目も変わらない』などと賛辞が相次いでいます」(芸能ライター)

 一方で、“歌唱力が落ちた”と上沼と天童が話していた歌手についても、さまざまな名前が飛び交っている。

「最近の松田聖子に対して『遅らせて歌ったり、声量がないのをごまかしながら歌ってる印象』という声があるほか、松任谷由実に『最近のユーミンは、声を絞り出してるように見える』という意見も。ほかにも、和田アキ子について『声に伸びがなくなった』という書き込みや、石川さゆりが歌う『天城越え』は『年々フラット気味になってる』という感想も見られます。ただ、上沼も言っていたように、年齢と共に声が変化するのは“致し方ない”こと。逆に長年保っている歌手のほうが“奇跡的”ともいえますし、年齢を重ねて『声に深みが出た』と称賛されている歌手も大勢いますから、そこは“好み”の問題といえそう」(同)

 ヘタなベテラン歌手の多さに苛立ちを隠せない様子の上沼。一体、誰のことを言っていたのだろうか。

  • 11/20 16:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます