【マイルCS予想】先週より時計は出るが多少力がいる馬場状態/万哲の馬場予報

拡大画像を見る

【小田哲也(スポニチ)=コラム「万哲の馬場予報」】

■マイルCS(阪神芝1600m)

 阪神の芝は先週に続き、Aコースを使用。昨秋の阪神開催は11月開幕でマイルCSは3週目の施行だったが、今年は10月から始まって7週目。その分、内寄りの芝の傷みは進み、全体的にパワー化している。JRA公式ホームページでも「コース全周に亘り、内側に傷みがあります。特に内回り3コーナーから4コーナーと正面直線の内側の傷みが進んできています」とのこと。

 先週も当欄で触れた通り、直線は中〜外を通る差し馬の台頭が土曜は目立った。土曜の芝競走は6鞍。マイルCSの舞台となる外回り1600m戦は行われなかった。参考までに、優勝馬の最終4コーナーの位置は「14番手、7番手、7番手、5番手、4番手、7番手」。

 内回り、外回り問わずに逃げ〜先行馬が苦戦傾向。中団〜後方の差し馬が伸びた。レース傾向自体は先週とほぼ同じ。ただ晴天が続いている影響なのか、時計が掛かっていた先週と比べると、今週は多少出やすく、標準的な時計が出ていた。

 3R・2歳未勝利戦(内回り1200m)は阪神では滅多に見られない位置取りでの決着。勝ったプレヴォールは最終4コーナー14番手、2着ピースキーパーは4コーナー16番手。いずれも芝コースの外から一気に伸びた。レース前半3F34秒3〜後半3F35秒2。前の組が多少速かったのも事実だが、ちょっと驚いた。

 マイルCSと同じ外回り施行の4R・2歳未勝利戦(芝1800m)はレース前半4F46秒6〜後半4F48秒2のHペース。勝ったスタティスティクスは4コーナー7番手。2着アカデミーは4コーナー14番手から大外を伸びた。前が流れた展開に乗じて、差し馬が台頭したのも間違いないが、中〜外が伸びるコースなのは確か。ちなみにこのレースの勝ち時計は1分47秒0。先週、同じ外回り1800mの2歳未勝利戦はSペースだったとはいえ、勝ち馬グッドフェイスが1分49秒1。時計の出方は今週の方が速くなっている。

 では、マイルCSはどうなるのか? エリザベス女王杯は逃げたシャムロックヒルが前半3F34秒1のハイラップ。各馬の仕掛けが早かったことで、綺麗に外を差したアカイイトを筆頭に差し馬の台頭を誘発した形。

 マイルCSは意外に逃げ〜先行型が少ない。ペースが落ち着き、前に行った組が芝状態のいい部分を選んで走れる状況になると、中〜外が伸びる芝とはいっても、先行勢の粘り込みも警戒したいところ。昨年優勝したグランアレグリアは1分32秒0だったが、今年はそれよりは時計が掛かる。優勝推定タイムは「1分32秒台後半」付近。多少力がいる今の芝状態への適応力もポイントになりそうだ。

【関連記事】




  • 11/20 19:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます