【アンドロメダS結果】3歳馬ラーゴムがボッケリーニとのハナ差の接戦を制す

拡大画像を見る

 20日、阪神競馬場で行われたアンドロメダS(3歳上・L・芝2000m)は、中団でレースを進めた池添謙一騎手騎乗の4番人気ラーゴム(牡3、栗東・斉藤崇史厩舎)が、直線で外から脚を伸ばし、馬群をこじ開けて伸びた1番人気ボッケリーニ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)との大接戦を制して、これにハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分59秒8(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に5番人気プレシャスブルー(牡7、美浦・相沢郁厩舎)が入った。なお、2番人気ファルコニア(牡4、栗東・高野友和厩舎)は4着、3番人気ダノンマジェスティ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)は6着に終わった。

 勝ったラーゴムは、父オルフェーヴル、母シュガーショック、その父Candy Rideという血統。2月のきさらぎ賞以来となる久々の勝ち星を飾った。通算成績はこれで9戦3勝。

関連リンク

  • 11/20 16:02
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます