【海外競馬】名種牡馬として活躍のピヴォタルが死亡、28歳 産駒にアデイブ・シユーニなど

 現地時間19日、名種牡馬として昨季まで長きに渡り活躍したピヴォタル(Pivotal、牡28)の訃報が、イギリスのチェヴァリーパークスタッドのホームページで発表された。

 ピヴォタルは父Polar Falcon(その父Nureyev)、母Fearless Revival、母の父Cozzeneという血統。

 現役時代はイギリスのM.プレスコット厩舎に所属。1996年のナンソープS(英G1)、キングズスタンドS(英G2)の覇者で、通算成績は6戦4勝。

 現役引退後は種牡馬として長年に渡り活躍し、Siyouni、Halfway to Heaven(Magicalの母)、Addeybb、African Story、Farhhなど多数のG1馬を輩出。Siyouniは種牡馬としてSottsassやSt Mark's Basilicaを送り出し、サイアーラインは発展を遂げている。

 日本のおいては母の父としての活躍が目立ち、宝塚記念を制したミッキーロケットをはじめ、フラワーC覇者ファンディーナ、明日のマイルCSに出走するダーリントンホールといった活躍馬を送っている。

関連リンク

  • 11/20 15:54
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます