柳楽優弥主演『二月の勝者』視聴率ジワリ上昇、期待高まるほぼストーカー・加藤シゲアキとキーマン女王・瀧内公美

拡大画像を見る

 柳楽優弥(31)が主演を務める『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系)の第5話が13日放送され、平均世帯視聴率が7.4%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)だった。6日に放送された第4話は6.4%と一旦落ち込んだが、この勢いで巻き返しが期待される。

 子どもたちの熱演が楽しいドラマだが、思ったより柳楽演じる黒木が「常識的」だったのは意外。髪型や話し方こそエキセントリックだが、行動も言動も、さほどブチ切れているわけではない。子どもの成長と可能性を信じ、しかも「学校ではなく塾」という立ち位置をわきまえている。

 第1話第2話ぐらいまでは「神出鬼没」「何を考えているのか分からない」「佐倉先生(井上真央/34)に対する態度が怖い」とヒヤヒヤしながら見たが、話を追うごとに、威圧的な話し方にも慣れてきた。黒木のキャラがヤバめで一匹狼であることを期待していたので、「あれ?」と物足りなく感じたこともあったが、今では安心して見られるドラマとして楽しめている。

 それに、黒木以上にヘンなキャラがいる。名門中学受験塾「ルトワック」のトップ講師・灰谷(NEWS・加藤シゲアキ/34)と、桜花ゼミナールのAクラス担任、桂歌子(瀧内公美/32)。灰谷はルトワックの講義シーンや、なぜ黒木に執着するのかなど詳細があまり描かれていないため、原作を読んでいない私から見れば、今のところ単なる黒木のストーカーである。今後、どう絡んでくるのか楽しみだ。

■後半は一気に物語が進む?

 美人講師・桂先生は黒木と同じぐらい塾生徒やその家族に対する理解と裏読みができている奥深さと、突き放した感じの両極端が同居して素晴らしい。演じる瀧内公美はここ数年、さまざまなドラマでキーマンとして登場し、切れ味が作品ごとに増していて最高! 「ひたすらフツー」を見事に演じている井上真央と、とても良いコンビである。井之頭ボウルでの食事シーンはおいしそうなごはんと2人のボヤキが楽しく、毎回、心待ちにしている。

 今後も黒木の過去、ルトワックと桜花ゼミナールのライバル関係、子どもたちのキャラクター、中学受験に関わる親の葛藤、ネオン街にある地下の塾「STARFISH」の存在など、描かれるべき課題は山積み。後半戦、とりあえず目が離せない。

■井上真央と瀧内公美の仲良しオフショット

 緊張感あるシーンが多い中で、2人の掛け合いは癒やしだ。

※画像は日本テレビ『二月の勝者-絶対合格の教室-』公式ツイッターアカウント「@2gatsu_ntv」より

関連リンク

  • 11/20 19:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます