大分、仙台、横浜FCの降格決定…ACL出場は神戸と名古屋の争いに/J1第36節

拡大画像を見る

 明治安田生命J1リーグ第36節が20日に行われた。

 今節敗れた19位ベガルタ仙台と20位横浜FC、引き分けた18位大分トリニータはJ2リーグへの降格が決定した。降格は残り一枠となり、今節揃って勝利を収めた15位湘南ベルマーレ(勝ち点36/得失点差-4)、16位清水エスパルス(同36/-19)、17位徳島ヴォルティス(同33/-20)が残留を争う。

 上位では、横浜FCを下した3位ヴィッセル神戸が勝ち点を「70」に伸ばし、ガンバ大阪を下した名古屋グランパスが勝ち点「65」で4位に浮上した。大分と引き分けて5位に後退した鹿島アントラーズ、2位横浜F・マリノスを下した6位浦和レッズは、神戸の勝利によってAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内となる3位フィニッシュの可能性が消滅した。

 優勝が決定している川崎フロンターレは、レアンドロ・ダミアンの2得点などでセレッソ大阪を撃破。L・ダミアンは今季のリーグ戦得点数を「20」に伸ばし、得点ランクトップに立つ横浜FMの前田大然と1ゴール差となった。

 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは以下の通り。

■試合結果
▼11月20日(土)
ベガルタ仙台 0-2 湘南ベルマーレ
浦和レッズ 2-1 横浜F・マリノス
FC東京 0-2 徳島ヴォルティス
ガンバ大阪 1-3 名古屋グランパス
セレッソ大阪 1-4 川崎フロンターレ
サガン鳥栖 1-0 北海道コンサドーレ札幌
鹿島アントラーズ 0-0 大分トリニータ
横浜FC 0-2 ヴィッセル神戸
清水エスパルス 1-0 サンフレッチェ広島
柏レイソル 0-0 アビスパ福岡

■順位表
※()内は勝ち点/得失点差
1位 川崎F(88/+50)※優勝決定
2位 横浜FM(75/+45)※ACL出場決定
3位 神戸(70/+26)
────────ACL出場圏────────
4位 名古屋(65/+15)
5位 鹿島(63/+24)
6位 浦和(62/+8)
7位 鳥栖(59/+11)
8位 福岡(52/+5)
9位 FC東京(49/-5)
10位 広島(46/+1)
11位 C大阪(45/-4)
12位 札幌(45/-5)
13位 G大阪(43/-13)
14位 柏(41/-16)
15位 湘南(36/-4)
16位 清水(36/-19)
────────J2降格圏────────
17位 徳島(33/-20)
18位 大分(29/-27)※降格決定
19位 仙台(27/-30)※降格決定
20位 横浜FC(27/-42)※降格決定

■次節の対戦カード
▼11月27日(土)
14:00 札幌 vs 柏
14:00 鹿島 vs 鳥栖
14:00 浦和 vs 清水
14:00 川崎F vs G大阪
14:00 湘南 vs 徳島
14:00 C大阪 vs 名古屋
14:00 神戸 vs 横浜FM
14:00 広島 vs FC東京
14:00 福岡 vs 仙台
14:00 大分 vs 横浜FC

関連リンク

  • 11/20 18:38
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます