かまいたち濱家、2歳娘を“絶対に怒れない”ほど溺愛 芸人の彼氏なんて「考えるのも嫌!」

拡大画像を見る

2021年の「理想の有名人夫婦」ランキング(明治安田生命調べ)が15日に発表され、1位にはヒロミとタレントの松本伊代(56)夫妻が選ばれた。20代後半に結婚し、23歳と26歳の息子がいるヒロミは愛妻家としても有名だ。3歳の息子の父親であるかまいたちの山内健司(40)が「子どもが思春期の時、ケンカとかしませんでしたか?」と聞くと、「全然ない、うちは俺が絶対だから」とさらっと話す。母親の松本と息子たちはいまだによく揉めているが、「おい、どうした?」とヒロミが声をかけるだけで終わるという。「ママを泣かしたら、ぶっ飛ばす!」と彼がテレビで言っているのを山内は見たことがあるそうだが、ヒロミの2人の息子にとっては今も父親は怖い存在らしい。

すると濱家隆一が、自分は「娘は絶対に怒れない」と難しい顔をした。目に入れても痛くないくらい可愛がっており、早くも結婚する時のことを考えると絶望的な気持ちになるらしい。そんな濱家に「でもね、誰かのものになるんだから」「ある程度の年になれば100%、お父さんとかお母さんより好きな人ができる」と諭すも、「そうなんですよね…もうヒロミさん、それ言わんといて下さい」と肩を落としている。以前「芸人の彼氏連れてきたら、どうする?」と山内が聞いた時は、「考えるのも嫌!」と吐き捨てられたそうだ。

または濱家は自分の苗字が変わっているので、幼稚園や学校で娘が父親が芸人だとからかわれるのではないか―と心配している。そのため子どもが生まれたタイミングで、他の芸名で活動しようかと相当悩んだらしい。ヒロミも本名の苗字が“小園(こぞの)”と珍しいので、子どもたちは「嫌だったと思うよ」としんみりした口調で話す。無名の頃は“早く売れたい、名前を覚えてもらいたい”と望み、レギュラー番組を持つほどに有名になり結婚して子どもが生まれると、それが足枷になってしまうようだ。今やレギュラー番組16本と大ブレイク中のかまいたちだが、家では子煩悩で良きパパであることがうかがい知れた。

画像2~4枚目は『山内健司 2021年10月25日付Instagram「久々にオフ」』『かまいたち 濱家隆一 2019年2月23日付Instagram「ご報告」』『ヒロミ 2020年11月10日付オフィシャルブログ「久しぶりに」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 11/20 18:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます