J1第36節で3チームが降格決定…湘南、清水、徳島が残留を目指し、残り2戦を戦う

拡大画像を見る

 明治安田生命J1リーグ第36節が20日に行われ、今節の結果をもって大分トリニータ、ベガルタ仙台、横浜FCのJ2リーグ降格が確定した。

 19位ベガルタ仙台は、残留争いのライバル15位湘南ベルマーレと対戦。残留に望みをつなぎたい仙台だが、10分にFWウェリントンに先制点を決められると、74分にはDF岡本拓也に追加点を献上。残留争い直接対決を0-2で落とし、後述する他会場の結果によってJ2降格が決まった。

 18位大分トリニータは、アウェイで4位鹿島アントラーズと対戦。試合は枠内シュート0本に終わり、シュート数でも15本以上の差をつけられるなど、押し込まれる展開に。試合は0-0で終了し、大分も降格が決まった。

 20位の横浜FCはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得のかかる3位ヴィッセル神戸と対戦。9分にFW大迫勇也、31分にMFアンドレス・イニエスタに得点を許し、後半に反撃に出るも最後までゴールは挙げられず。勝ち点は「27」のままでJ2への降格が決まった。

 残る降格チームはあと1つ。湘南、清水、徳島が残留を目指して残りの2試合を戦う。

関連リンク

  • 11/20 17:03
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます