あまおう苺スイーツを楽しめる新ブランド「苺のワルツ」は手土産にもギフトにも!

拡大画像を見る

こんにちは。おやつのことなら右に出るものはいない! シティリビング・15時ブレイクキャラクターのにゃすみんです。

苺好きにはたまらないスイーツの新ブランド「苺のワルツ」が10月末にオープン!

お披露目&試食会に参加してきました♪

福岡県産あまおう苺をぜいたくに使用したスイーツ!


「苺のワルツ」は福岡県産のあまおう苺をぜいたくに使用した焼き菓子専門店。

ふわっとやわらかなかわいらしいパッケージも特徴です。

「苺のワルツ」を手がける風美庵が本社を構える福岡の地元食材にもこだわり、あまおう苺が使用されています。

まずは手土産にもぴったりの、日持ちのする焼き菓子を試食。

「苺のヴィジタンティーヌ」(3個入り702円、6個入り1,404円、9個入り2,106円)

ヴィジタンティーヌとは、フランスの伝統菓子。フィナンシェのようなマドレーヌのような印象でした。

あまおう苺の果汁が混ぜ込まれた生地はほんのりピンク。やわらかでくちどけ豊かな生地にメープルシロップといちごの香りが広がります。花の形がかわいいですね♪

「あまおう苺のバウムクーヘン」(1,944円)

生地にもコーティング(ナパージュというそうです)にもあまおう苺がたっぷり。じゅんわりしっとりのおいしさ。

「あまおう苺のチョコタルト」(4P 864円、8P 1,728円、12P 2,592円)

いちご型のタルトにあまおう苺チョコとホワイトチョコの2層のクリームを入れて焼き上げられています。タルトを焼くいちごの型から作ったそうです。チョコの甘さをサクサクのタルトがまとめていて、1枚でも満足感があります。

ぜいたくなあまおう苺を感じる生菓子もgood


「苺のワルツ」には、焼き菓子だけでなく生菓子もラインアップ。あらゆるシーンであまおうスイーツを楽しめます!

「苺のモンブラン」(594円)

あまおう果汁を混ぜたマロンクリームがたっぷり絞られています。苺のモンブランは数あれど、マロンクリームを使っているのは珍しいのだとか。マロンのこっくり感と苺のほどよい酸味を感じられて、見た目よりスッキリ。

「苺のプディングタルト」(1個350円、ホール1,728円)

マスカルポーネチーズをベースにしたプリン風味のタルト。中に苺、ラズベリー、ブルーベリーの果肉がイン。みずみずしいベリーとたまごを感じるプリン、さくさくのタルトが一体となって、これがつまり苺の“ワルツ”なのか…!

「ジャーケーキ」(プリン594円、ティラミス648円、キャラメルマキアート648円)

トレンドのジャーケーキは3種類! 崩れる心配がなく、見た目もかわいくて手土産にぴったりですよね、ジャーケーキって。

層が美しい。にゃすみんはキャラメルマキアートをいただきました。

キャラメルクリームとスポンジ、果肉入り苺ジュレが層になっています。ありそうでなかったキャラメルと苺の組み合わせがおいしい。ある程度層を楽しんで最後のほうはぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのもオススメだそうですよ。見た目は大変なことになりますが(笑)、全部が一体化してまた違ったおいしさに!

風美庵の代表取締役・河越久さんと、「苺のワルツ」チーフパティシエの古山陽一さんが登壇され、それぞれのスイーツのこだわりを語ってくれました。

「苺のワルツ」は、エキュート立川店、ルミネ大宮店、博多風美庵マイング店の実店舗のほか、オンラインでも購入可能!

手土産やギフトに、あまおう苺たっぷりのスイーツは喜ばれそうですね!

■苺のワルツ http://www.ichigo-waltz.com/

関連リンク

  • 11/20 13:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます