『最愛』梨央「もう会わんようにする」 追いかけ抱きしめる大輝の姿にネット感動「切なすぎる」

 女優の吉高由里子が主演を務め、俳優の松下洸平、井浦新が共演するドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)の第6話が19日に放送され、別れを告げようとする梨央(吉高)を追いかけ抱きしめる大輝(松下)の姿に、ネット上には「切なすぎるむり」「すげーラブストーリー」といった反響が巻き起こった。

 加瀬(井浦)は、警察に連行された優(高橋文哉)と面会し、15年前の事件だけでなく昭(酒向芳)の殺害も自らがやったことだと告げられる。さらに、公園で昭と争った時の様子がイヤホン型カメラに記録されていることを聞き出し、その動画データを解析することに。大輝ら警察も優の証言の裏取捜査を進める。そんな中、加瀬が民間の科捜研に動画データの解析を依頼したところ、1つの疑問が浮上。動画に記録されている場所と、昭の遺体が発見された池の位置が微妙に異なるのだ。そして同じ疑問に突き当たっていた警察にある有力な情報が寄せられる。

 加瀬の執念も実り優は不起訴に。勾留が解かれ警察署から出てきた優と梨央は数十日ぶりに再会。姉弟の感動の再会を一緒になって喜ぶ加瀬は、今回の不起訴は優を思いやる大輝のおかげでもあること、そして警察官でもある大輝にとって、それは決して望ましい行動ではなかったと説明する。

 一方、大輝は優の不起訴に激怒する上司・山尾(津田健次郎)の姿を、所在なさげに見つめていた。そんな大輝の携帯に梨央から“今日の夜、会えますか”とメッセージが入る。その日の夜、大輝が待ち合わせ場所に向かうと梨央から電話が。梨央は優の不起訴への礼を言うと「もう会わんようにする」とポツリ。続けて梨央が「大ちゃんの立場が悪くなってまったら私も嫌やもん…最後に顔が見たかったんや…」と話すと、大輝はあたりを見回し、近くの歩道橋の上に佇む梨央の姿を見つける。互いに目が合うと大輝は「勝手に決めんな…」とつぶやき、次は大声で「勝手に決めんな!」と言い放つ。

 立ち去ろうとする梨央。追いかける大輝。大輝は梨央に追いつくと、彼女の腕を取って引き寄せ、そのまま強く彼女を抱きしめる。そして梨央も彼の背中に手を回すのだった。

 このシーンにネット上には「切なすぎるむり」「大ちゃんと梨央も幸せになってほしい」などの声や「すげーラブストーリーやん」「一気に恋愛ドラマなのやめて流石に心臓もたない」といったコメントが殺到。また梨央を追いかけ抱きしめた大輝の行動にも「やべぇ大ちゃんかっこいい」「男なのに泣いたわカッコよすぎる」などの投稿も集まっていた。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/20 11:34
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます