住田萌乃“紗良”、玉野るな演じる不登校児の背中を押すが…

拡大画像を見る

柳楽優弥が主演を務める土曜ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第6話が、11月20日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

中学受験の実態をリアルに描いた人気マンガを実写化した本作。中学受験から見えてくる「家族問題」「教育問題」など、現代社会の様々な問題に切り込んでいく人生攻略ドラマ。

前回の第5話には、黒木蔵人(柳楽)が、大森紗良(住田萌乃)に対して、塾にいるときと「STARFISH」にいるときとで呼び捨てと敬称を使い分ける姿に「萌える」「好きすぎる」とのコメントがあった。

第6話では、Aクラスの不登校児・柴田まるみ(玉野るな)の物語が描かれる。黒木からお願いされた紗良は、桜花ゼミナール吉祥寺校を訪れ、まるみに自分が通っている二葉女子学院の話をする。紗良の話を聞いたまるみは、自由で人と違うことを尊重してくれる校風に惹かれ、二葉女子学院を目指し、これまでは行かなかった自習室に出向いたり、夏合宿への参加を決意したり勉強に力を入れ、Ω選抜テストに挑む。

そして迎えた夏合宿。Ω選抜テストの結果が発表され、第5話で桜花トップの島津順(羽村仁成)との友情をみせた上杉海斗(伊藤駿太)とまるみがΩに昇格することになった。直江樹里(野澤しおり)はAから上がってきたまるみに興味を持ち、積極的に話しかけ、合宿を通して二人の距離は少しずつ縮まっていく。

桜花生たちが怒涛の夏合宿で勉強に励む中、まるみはΩの授業にすっかり疲弊してしまっている様子。無理をしているまるみの様子に気付き心配する佐倉麻衣(井上真央)に対し、黒木は「私はあの二人(まるみと樹里)のかけ合わせによる大きな化学反応に期待している」という。

合宿終了後、佐倉の元にまるみの母・柴田美佐子(月船さらら)から連絡が入る。まるみは家に帰って来るや否や、泣き出してしまったのだという。一方その頃、まるみは樹里に誘われて樹里の家で一緒に自習をしていた。 そこでまるみは、樹里の志望校が自分と同じ二葉女子学院だということを知り、劣等感に襲われたまるみは樹里の家を飛び出して行ってしまう。まるみを追いかける樹里……二人の友情はどうなるのか。

「不登校児のまるみ」と「明るく天才肌の樹里」。全くタイプの違う二人を掛け合わせた黒木の狙いとは?

<第6話あらすじ>
夏期講習期間中の桜花ゼミナール吉祥寺校に、突然、制服姿の大森紗良(住田萌乃)がやってくる。黒木蔵人(柳楽)の手伝いで来たという紗良は、Aクラスの不登校児・柴田まるみ(玉野)に、自分が通っている二葉女子学院の話を聞かせる。

自由な校風に興味を持ったまるみだったが偏差値の高い二葉女子学院はまるみにとってかなりの難関校。 しかし、まるみは授業前の自習室に姿を見せるようになったり、人生初の外泊となる夏合宿に参加を決意したり少しずつ心境に変化が表れていく。そんな努力の甲斐もあり、Ω選抜テストの結果はAクラスからΩクラスに昇格。

早速、夏合宿からΩの授業に参加することになったまるみだったが、慣れない授業のスピード感についていくのがやっとの状況。そんなまるみに、Ωクラスの直江樹里(野澤)は興味を持ち積極的に話しかける。最初はフレンドリーな樹里に戸惑うまるみだったが、少しずつ二人の距離は縮まっていき、まるみの雰囲気にも変化が見られるようになる。しかし、佐倉麻衣(井上)にはまるみが少し無理をしているように見え……。

そして、怒涛の夏合宿を終えたまるみは、家に着くなり母・美佐子(月船)の前で大号泣。Ωの授業を受けレベルの高さを目の当たりにしたまるみはすっかり自信を失ってしまっていた。

関連リンク

  • 11/20 13:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます