ガス代は簡単に安くなる!?すぐに始められる節約の極意を伝授✨

ガス代でのなかでも最も大きな割合を占めるのはお風呂に使用するガス代です。

「ガス代の節約=お湯を沸かす量の節約」

この意識をいかに高く持つかは、節約の効果に大きく影響します。

特に冬などよくお風呂を使う季節は、ガス代が高くついてしまうといった経験はありませんか?
ここではお風呂でガス代を節約する方法を紹介します!

ガス代節約の極意:沸かすより注水

お湯が冷めたら、追い炊きで温度を上げる方が多いです。
しかし実は追い炊きで温度を上げるよりも、注水でお湯を足すことで温度を上げる方が、はるかに給湯器・ガス代の節約になります。

1日1回の追い炊きをやめるだけで、毎月の高いガス料金が1,000円ほど節約できます。

できるだけ追い炊きは使わずに、注水を利用するようにしましょう。入浴の際の節約検証に関してはこちらの記事も参考にしてみて下さい。

もっと見てみる!

ガス代節約の極意:浴槽の蓋はこまめに閉める

お風呂の蓋をしめておかないと、湯船の温度はどんどん逃げてしまいます。温かい熱が逃げてしまうのを防ぐために、蓋をしめることを忘れないようにしましょう。

蓋をすることでしないときに比べ、保温効果は格段に違います。

追い炊きをしてお湯の温度を1度上げるのに約3円のガス代がかかります。蓋がないとお湯の温度がすぐ下がってしまうので年間にすると約2,000円ほどの差が出るのです。

給湯器・ガス代を少しでも節約するためにも、お風呂の蓋はしっかりしめるようにしましょう。

もっと見てみる!

ガス代節約の極意:家族の入浴時間をそろえる

ガス代が高いご家庭では、家族がバラバラに入浴しているケースが多いです。

家族バラバラに入浴すると、湯船の温度がどうしても下がってしまい何度も追い炊きする必要が出てきます。

お湯の温度を1度上げるのに、約3円のガス料金がかかるので、お湯の温度が下がれば下がるほど、ガスの料金もかかります。

例えば、最初の人が入浴してから最後の人が入浴するまでに温度が5℃下がってしまうとします。すると、追い炊きするのに、1日あたり、3円×5(℃)=15(円)がかかります。

時間をあけることによってどんどんお湯の温度が下がってしまうので、まとめて入浴することによって、給湯器・ガス代の節約になることがわかります。

たった15円と思ってしまいますが、1年単位では5,400円も違ってきます。家族まとめて入れる時間にお湯を沸かし、次々と入浴することが節約になります。

このように、小さいことから気をつけていくことが、給湯器・ガス代の節約に繋がります。
お風呂を沸かすのに欠かせない給湯器(ボイラー)も節約のカギを握る重要機器ですね!

もっと見てみる!

ガス代節約の極意:シャワーの有効利用

シャワーを出す時間を5分までとか短めに時間を決めれば、それだけ給湯器・ガス代の節約に直結します。

浴室用の時計などを設置して、意識してシャワーを利用すれば、今までよりも短い時間で利用できるはずです。

またシャワーのヘッドを節水型に交換すれば、それだけ少ない水量になり、エネルギーの消費を減らすことになります。

例えば、10分浴びていたシャワーの時間を毎日1分短縮することが出来たらガス代は10分のときは45.7円、9分なら41.1円になります。

年間にすると1人あたり約1,679円のガス代が節約できます。

例えば、家族4人で1人1分ずつ短縮することが出来ると、年間で約6,716円節約することが出来るようになるのです。

そして、給湯器の料金が高くなるのは、なんと言っても冬です。水の温度を5℃位から40℃程まで上げるので、かなりのエネルギーを消費します。

ですので、特に冬場には、高い意識を持って節約に努めるのが、結果的に給湯器・ガス代の節約に直結します。

もっと見てみる!

ガス代節約の極意:湯船のお湯を使用する

シャワーについてみてきましたが、やはりシャワーを使うとガス代はどうしても高くなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、湯船のお湯の有効利用です。

まず、都市ガスとプロパンガス(LPガス)それぞれの場合について、

一般的な家庭で風呂を1回沸かすのにかかるガス代を計算してみました。

お風呂を1か月(30日)沸かした場合、
都市ガスの場合、約1,380円
プロパンガスの場合、約2,190円
のガス代が毎月かかることになります。

通常、お湯をはってもシャワーと併用するケースがほとんどだと思います。

すると、上記のお湯を沸かすのに必要なガス代に加えて、シャワーのガス代もかかってしまいます。

そこで、シャワーはキレイに洗った最後の仕上げに流すのみ利用し、湯船のお湯を使ってからシャワーを使うことで時間を数分でも短くすることができ、年間でみると給湯器・ガス代の大きな節約となります。

シャワーは1分単位で使用時間を縮めることで、節約になるので湯船とシャワーを併用し使うことで、使用時間を減らしガスだけでなく水道代も節約できます。

もっと見てみる!

ガス代節約の極意:ガス会社を乗り換えてみる!

ここまで、主に使用するガス器具の節約方法でしたが、ガス料金を根本的に安くする方法は、冒頭でもご紹介しましたが、今の料金よりも安いプロパンガス会社へ変更することです。

最近はガス会社も、他のエネルギーから押されて苦戦しているために、基本料金や従量料金を他より安い価格で提供してくれる業者も増えてきています。

都市ガスは公共料金で値段が決まっています。
一方でプロパンガス(LPガス)はガス会社が値段を決めることが出来る自由料金制のため、都市ガスに比べ料金が高いのです。

プロパンガス(LPガス)は、ガス会社を自由に変えることが出来ます。
物件により契約をしているガス会社があったりするので確認をし、変更できる場合今よりも安い会社を選べば大きな節約となります。ガスの単価が変わればその分節約になりますので、変更できれば大きくガス料金が変化します。

プロパンガスの全国平均料金の目安として、
基本料金:1,890円
従量料金:単価380~500円
20㎡を使うと、9,490円~11,890円という金額が算出されます。

プロパンガス(LPガス)を利用する方は、enepiのガス切り替えサービスなら今よりも安く、且つ安心できるガス会社へ切り替えることができるかもしれません。

ポイントは2つです。
①信頼できるガス会社を複数社紹介できること
②困っていることや不安ごとはカスタマーサポートへ相談できること

「見積もりに費用は発生するか?」「仲介手数料とか支払う必要あるか?」
というお問い合わせをたまに頂きますが、enepiのサービスを利用されるお客様は、見積もりから切り替え完了まで無料でご利用頂けます。

もし、今のガス会社から不当な請求をされていたり、違約金などの関係から、切り替えることに二の足を踏んでいる方も、enepiカスタマーサポートと紹介先のガス会社となら解決できるかもしれません。

また、enepiはお客様とガス会社の中立の立場にいるため、「ここのガス会社にしましょう!」という営業は一切ありません。

もし見積もりを取って
「この会社どうなんだろう?」「どこが一番いいのか分からない」と思ったら、気軽にご相談ください!
お客様の希望をお伺いした上で、各ガス会社の説明をしてくれます。

ガス代でお悩みの方はぜひ、一度利用してみてください!

もっと見てみる!

【無料】年間8万円安くなる!安いプロパンガスを探す

LIMIAでもっと見てみる!

○【2021年版】プロパンガス料金相場まとめー高いガス料金を地域・世帯人数でまとめて比較

プロパンガス(LPガス)料金、払いすぎていませんか?最大半額になる方も…!世帯人数・都道府県別のプロパンガス料金の平均額・相場から、ご自宅のプロパンガス料金が適正なのかチェックしてみましょう!

LIMIAでもっと見る!

株式会社じげん [PR]

HPでもっと見る!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/20 12:03
  • LIMIA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます