本当に覚えている? 子どもたちの「おなかの中にいたときの記憶」【もちもちエプリデイ】 Vol.53

みなさんこんにちは。やっと長袖が普通に着られる気温になってきて、嬉しいかわベーコンです。

今度はニット。

セーターは着られるか問題が出てきそうですが、重ね着ができる季節は最高!

また、最近、一軒家がどんどん建てられているので、なんでかな? と思っていたんですが、コロナ禍のリモートワークや、家にいる時間が増えたことで、一軒家の需要が高まっているからだと知りました。

なるほどね〜。

家族が増えたからそろそろ〜、なんておうちも増えているのかもしれません。

ところで、おなかにお子がいた頃が“懐かしいなぁ”と思っていた矢先、この前、息子がお風呂から出た後にこんなことを言ってきました。

■何かに影響されている気がする、息子の発言
何かに影響されている気がする、息子の発言
私、アンドロイドか何かなのかしら…と思ったけど、絶対に何かに影響されてウソを言ってるような気がする…。

それか、妊娠中の私のことでも見ていたの…?

確かに、ゴロ寝でテレビは見てたよ…オモチャもお姉ちゃんのが散らばってたからね。

真相は闇の中…。

娘にも何回か聞いたことがあったんですが、彼女も覚えているらしいので、詳しく聞いたんですよね。
 
 

■娘からはとても現実的な答えが返ってきた
娘からはとても現実的な答えが返ってきた
どこのギャランドゥとは言いませんが、息子のよりは現実的なエピソード…(笑)。

昔に聞いたけど、そんなことを言っていたかなぁ?

ギャランドゥの話は初めて聞いたぞ!

ウソだとしても、面白いなぁと思ったので漫画にしました。

お子さんが産まれる方は、わが子に絶対に聞いてみたい質問ですが、聞く年齢によっては、何かに影響されてる場合があるので、それなりに話せるようになったときに聞くのがベスト。

それが、一番、何にも影響されていないまっさらな記憶です。

記憶じゃなかったとしても、純粋な想像力だと思います。

ちなみに息子は、「パンやごはんが落ちてきて邪魔だったから、お片づけをした」とも言っていました(笑)。

いや…もはやそれは私の臓器の仕事なのでは? と思う母なのでした。
 
 

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/20 10:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます