出世したさで上にヘコヘコ…肩書で態度が変わる上司にウンザリ

拡大画像を見る

政治家や著名人の失言、おじさん構文の炎上など、非難を浴びることの多いおじさん。下の世代からの揶揄にとどまらず、手を取り合うべき同世代から嫌われてしまうことも。中年男性500人へのアンケートと識者取材から、嫌われるおじさんのタイプを導き出した!

◆マジメな会社一筋人間。社畜おじさん

 信じられるのは会社と出世のみ。狡猾で二枚舌、カメレオンばりに場に溶け込む能力で、会社にしがみつく社畜おじさんも同世代から嫌われる対象だ。

「このタイプの特徴は最上位に会社を置いている点。そのため、その狭いコミュニティでの肩書を重視。そこで自分より下の人間には強く、上の人間には媚びるため、嫌われてしまいがち」(博報堂生活総合研究所・前沢裕文氏)

「上司の前でだけイジられキャラ」などはその典型。たとえ冗談でも、同僚や部下の前では、自分が笑われることを嫌い、イジられないように牽制してしまう。

◆危機管理能力の高さ故の行動?

 一方で、彼らは危機管理能力が高いと語るのは人材育成支援企業を経営する前川孝雄氏だ。

「仕事において、如才なく、波風立てない存在は上から重宝されます。ある程度の地位までには出世できます。しかし、怖いのは部下や同僚の評価。『あいつは、上の言うことを聞いていただけだ』と疎まれる可能性もある」

 出世を考えすぎるが故に、敵対勢力を増長させてしまうのが、社畜おじさんだ。

◆場面別、嫌われおじさんの特徴

 40~60歳の男性500人に「嫌いな同世代の特徴」をアンケートを実施。その結果から、仕事、プライベート、SNS、見た目・マナー、各場面で好感度を下げる行動が判明。識者および編集部が独自に「嫌われ指数」を算出した。数字が大きいほど、嫌われやすいポイントだ。

◆<仕事>

・イエスマンで意思がない……指数95

・責任を周りに押しつける……指数82

・肩書で態度が変わる……指数78

◆<プライベート>

・上司の前でだけイジられキャラ……指数86

・飲み会で結束を固めようとする……指数82

・飲み会も仕事だと思っている……指数78

◆<見た目・マナー>

・外見に厳しい……指数82

・同僚の話はまともに取り合わない……指数79

・通りすがった女性を勝手に品定め……指数76

◆<SNS>

・意味深な一言のツイートをする……指数72

・部下のSNSを頻繁にチェック……指数66

・LINEにも繫がろうとする……指数63

【FeelWorks代表 前川孝雄氏】
「上司力研修」を400社超に提供する研修会社「FeelWorks」創業者。近著に『人を活かす経営の新常識』(FeelWorks)、『本物の「上司力」』(大和出版)

【博報堂生活総合研究所上席研究員 前沢裕文氏】
’00年、博報堂入社。現PR局、営業局、クリエイティブ局にて、PR発想を起点とした統合コミュニケーションの企画制作に携わり、’19年から現職

<取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/サダ>

―[嫌われる中年の肖像]―


関連リンク

  • 11/20 8:53
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます