SixTONES田中樹がヘイセイ八乙女光に“いいね”圧勝『帰れマンデー』で分かった残酷なタレント力の差

拡大画像を見る

 SixTONESの田中樹(26)が11月15日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)に出演。旅の写真を投稿し、ツイッターの“いいね”対決をしたところ、Hey! Say! JUMPの八乙女光(30)を圧倒する結果となった。

 今回、田中はMCを務めるサンドウィッチマンの伊達みきお(47)と富澤たけし(47)、お笑いコンビのティモンディ、八乙女とともに、人気企画“秘境路線バスで飲食店を見つける旅”に挑戦。埼玉県の秩父周辺を走る路線バスに乗った一行はサイコロで出た目の数だけ停留所を進み、周辺の飲食店を探しながらゴールの宝登山を目指した。

 まず、一行はスタート地点から3つ目の身馴川橋という停留所で下車すると、飲食店の捜索を開始。その途中で、収録の前日に番組の公式ツイッターが開設されたという話題になったところ、出演者が匿名でそのアカウントに旅の写真を投稿し、“いいね”の数を競い合うことになった。

 さっそく、たくさんの実がなっている柿の木を見つけた八乙女がその写真に「カキだよ。秋だよ。食欲わくなぁ」というコメントを添えてツイートすると、田中も大空の写真とともに「綺麗な空とちょびっと雲」と投稿。しばらく進んだところで、さきほどのツイートに対する“いいね”の件数を確認したところ、八乙女と田中のツイートにはそれぞれ12件の“いいね”が寄せられており、ほかの出演者も大差はなかった。

 その後、ツイッターの“いいね”対決の第2ラウンドで、顔や名前を出してはいけないことから、八乙女は自分のツイートだと匂わせることを計画。クリスマスの飾りがついた柿の木の写真とともに、リンゴの絵文字つきで「オイラはりんご食べよー!」と投稿した。八乙女によると、自身のブログでいつもリンゴを渡すくだりがあるそうで、「誰か気づいてくれたらな」と語っていた。

■本当の勝負の行方は放送後に明らかに

 続いて、田中は田んぼの写真とともに「田んぼの中の樹木を探してます」と投稿。そこには、ダイヤモンドの絵文字が6個入っていたのだが、なんでも、SixTONESには原石という意味もこめられていることから、それらを加えたという。それを知った富澤が「匂わせてるな~!」と田中の作戦に感心すると、田中は「頼む! ファンのみんな気づいてくれ!」と願っていた。

 しばらくして、“いいね”の件数をチェックしたところ、八乙女のツイートに22件の“いいね”が寄せられる一方で、“匂わせ”が功を奏したのか、田中のツイートには“いいね”が67件も寄せられることに。しかも、「田中樹くんがいるのかな?w」「樹でしかない。じゅりだといいな」というコメントもあったことから、田中は「これバレちゃいましたかね?」と苦笑いを浮かべていた。

 このように匂わせテクニックを炸裂させていた田中だが、実は以前から匂わせでは常習犯。SixTONESが8月11日に5thシングル『マスカラ』をリリースした際には、その数か月前に、田中がインスタライブやYouTubeの『SixTONES 6周年記念 生配信LIVE』で、新曲のタイトルを匂わせる発言を繰り返し、ファンの間で話題となっていた。

 だが、今回、田中が八乙女の約3倍にのぼる“いいね”を得たのは、そうした匂わせテクニックだけが理由ではないようだ。今回の放送を見た田中と八乙女のファンがそれぞれの投稿だと知った結果、11月18日現在で「オイラはりんご食べよー!」という八乙女のツイートに対する“いいね”が5236件に増える一方で、田中の「田んぼの中の樹木を探してます」というツイートに寄せられた“いいね”は約2.5万件に激増し、八乙女を圧倒しているのだ。

 どうやらファンの熱量が“いいね”の件数に直結したのは確か。ジャニーズの先輩である八乙女との人気の差が“いいね”の件数で露骨になってしまい、田中としては微妙かもしれないが、これが現実というものなのだろう。

■2.4万いいねを叩き出した田中樹の投稿画像!

 これで2.4万とは、恐るべし影響力。

※画像はテレビ朝日『帰れマンデー見っけ隊!!』番組公式ツイッターアカウント「@bussand_EX」より

関連リンク

  • 11/20 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます