千鳥・大悟のイキすぎる麒麟・川島明と山里亮太「2つの結婚祝儀」秘話!「金、無いから…」「100万いった」

拡大画像を見る

 11月14日放送の麒麟・川島明(42)によるラジオ『川島明のねごと』(TBSラジオ)に、千鳥が出演。大悟(41)の「結婚のご祝儀」にまつわる、あまりに男前すぎるエピソードが反響を呼んでいる。

「千鳥と川島は若手時代から仲がよく、すぐ上の先輩である川島が千鳥をかわいがっていました。今回は川島の“3人いるから、それぞれ聞きたいことを聞こう”という提案でトークが展開したんですが、大悟の“あの折り紙、まだ持ってます?”という川島への質問から、川島の結婚式のエピソードを語り始めたんです」(放送作家)

 川島は2015年9月に一般女性と結婚を発表し、翌年3月に挙式。結婚式には大悟も参加してご祝儀を渡したのだが、当時売れておらず金欠だった大悟は、祝儀袋に「新幹線の中で折って入れた星とか熊さんとかの折り紙」を入れ、かさ増ししたのだという。

「もうパンパンよ。ご祝儀袋。内側から破裂するんちゃうか、ぐらいにパンパンで。“大悟”と。“金がない、金がない。川島さん、おごってくださいって言うてたけど、このためにずっと貯めていてくれてんやな。うわーっ!”って思って。その結婚披露宴の夜ですよ。1個ずつ丁寧に開けて。“ありがとうございます”って。それで大悟の祝儀袋を開けたら、ホンマに内側から折り紙がパーン!って出てきて。手裏剣とか、くまのプーさん。手裏剣、もう1回出てきたわ」

 と、川島はこのラジオで振り返っていた。ちなみに16年当時に川島はツイッターにこの折り紙の写真を投稿しており、

《このボケのために大悟がこれを一生懸命折ってくれたんだと考えると笑けた。
しかも手紙の下にお祝い金もちゃんと入れてくれてる男前っぷり》

 とつづっていた。「金、無いから 折紙 おりました 大悟」とかすれた筆ペンで書かれた情けない手紙が、なんとも哀愁があって趣深い。

■山里には「倍返し」で100万円を払った男気も

「これは、決して大悟がふざけていたわけではなく、2010年に大悟が先に結婚した際、川島から貰った祝儀の金額を覚えており“そこまでの額を返さんと”と考えていたものの、どうしてもお金が半分くらい、“数万もなかった”という額しか用意できず、新大阪で折り紙を買って新幹線で折ったそうです。

 そんな思い出の折り紙を持っているか、と問われた川島だったが“もしかしたら将来家を買うとかなった時のため”に、大悟の折り紙も含んだ当時のご祝儀は全員分、いっさい手を付けていない、と語っていました」(専門誌記者)

 さらに祝儀の話は、ノブ(41)の「山ちゃんもすごかったんやろ?」という発言をきっかけに、南海キャンディーズの山里亮太(44)と大悟の「ご祝儀」の話に発展した。

「大悟が結婚した2010年といえば、千鳥はそこまで売れておらず、逆に大悟を若手時代から熱烈に慕っている山里が大ブレイクしていた時期。その山里は大切な“アニキ”の結婚式とあって、飛行機でわざわざ来て5分だけ結婚式に顔を出し、しかも50万円のご祝儀を渡したといいます。川島によると当時の山里にとっても“単価が安いから。忙しいけど、そんなに稼いでない”として、50万円は大金だったそうですよ」(前同)

 当時、大悟は「そんなお返しもできへんけど、お前が結婚した時に倍にして返すわ」と話していたというが、19年6月に山里は女優の蒼井優(36)と結婚。有言実行して倍の100万円をご祝儀で渡す男気を見せたという。

「大悟といえば、2015年の時点で吉本に800万円も借金していたことで知られています。19年9月放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)によると、妻にちゃんと生活費は渡しているものの、“嫁は僕の給料すら知らない”“(生活費以外)ちゃんと全部使う”という滅茶苦茶ぶり。“ズキャーン”と入ってきても、“ズキャーンと使う”と言い放ち、貯金しなくていいのかと心配するノブに“お前に(金は)頼む”と言い放つ有様でした(笑)。しかし、やはり使うべき時にお金を使う人でもあるんですね」(前同)

 18年の『東スポWeb』によると、借金の原因はギャンブル以上に「おごり癖」が原因。ノブによると「(給料を)前半で使うんですよ。大悟は前半でご飯に行く後輩らに、おすしとか、おごっちゃうんですよ」らしく、月の後半には3万円のスニーカーを10回払いの分割購入しようとする始末だという。

 また、渡辺直美(34)にお寿司屋の予約を頼んだら、1人4万円の「ガチのおすし屋」だったため心臓が飛び出しそうになったこともあったそうだ。

■金遣いは荒いが、粋でもある

「大悟は明石家さんま(66)やビートたけし(74)を彷彿とさせる“昭和の芸人さん”を地で行ってますよね。お笑いではないですが、“飲み会でハシゴするたびに人数が増えて一晩で借金が2億円になった”という逸話で知られる名優・勝新太郎に近いものも感じます」(女性誌記者)

 それだけに、山里の祝儀には100万円を気前よく渡したり、飲み友達でかわいがってもらっていた志村けんさんが亡くなった際は、無免許なのに愛車キャデラック・エスカレードを約500万円で引き取ったりと、「粋でカッコいいお金の使い方」を意識的に行っているフシがある。

「9月21日放送の『火曜は全力!華大さんと千鳥くん 秋の大ロケ2時間SP』(フジテレビ系)でも、大悟は非常にカッコよかった。自腹10万円でボートレースに挑んだところ50万5000円で大勝ちしたんですが、それを共演者やカメラマン、スタッフに1万円ずつ配り、ノブに“北島の親分(北島三郎)”と評されていました。

 もっとも、番組の用意した56万円を使ったつぎのレースははまさかの大外しで0円になってしまい、“0になったんよ”と落ち込んでいましたけどね(笑)。川島の折り紙もそうですが、単純にカッコいいだけでは終わらない部分も含めて、やはり“昭和の芸人”という雰囲気があります。今回のラジオでの思い出話の最後のオチも、ちょっとキメきれなかったんですよね(笑)」(前同)

 ノブは売れっ子になった今こそ、大悟は山里と同じように川島にもお金を渡した方がいいのでは、と切り出し、川島も、

「かっこいいのは“その折り紙、この金額で買わせてもらえませんか?”っていう。これが一番よくない? “兄さん、まだ持っていますか? 持っているんやったらあれ、子供がほしい言うてるんですわ。○万で買い取らせてください”“ええよ”できれいに終わる話ですね」

 と、ノリノリで賛同。しかし、大悟は川島の子どもの年齢を4歳と1歳だと確認したうえで、「遊ばしたってくれ、あれで」という何とも締まらない返事。

ノブ「いらん! なにがかっこいいんや。“遊ばしたってくれ”って(笑)」

川島「金返せ! もう、いいです(笑)」

 と、ラジオは次のコーナーへと移った。

 あらためて、その人柄が伝わる大悟の金遣いエピソードが明らかになったーー。

関連リンク

  • 11/20 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます