重ねてそのまま食卓に!簡単なのに映える「ミルフィーユ」スタイルのおかず

せっかく美味しくお料理ができたのに、盛り付けがいまひとつ映えなかったり、お鍋にしたら「またお鍋?」なんて声が聞こえてきたり…せっかくご飯の支度をしてもこれではテンションが下がってしまいますよね。

そんな時は、材料を重ねてそのまま食卓に出せちゃう、ミルフィーユスタイルのおかずがオススメです!

■重ねてそのまま食卓に
ミルフィーユスタイルのレシピは材料を交互に重ねるだけなので、作り方も簡単で時短なものばかり。おまけにダイナミックでボリューミーなものが多いので、見た目も味も大満足です。

そこで今回は、献立に困った時の救世主、重ねるだけでOKの万能ミルフィーユレシピをご紹介します。


■白菜ミルフィーユのトマト煮
今が旬で安価に手に入る白菜とひき肉をミルフィーユにして、ホールトマトとコンソメでコトコト煮込んだ「白菜ミルフィーユのトマト煮」は、豪快に大皿に盛り付けてドーンと食卓に出しましょう!あとはサラダがあればおしゃれで豪華な夕食の完成です。トマトの綺麗な赤色が疲れた体をパワーチャージしてくれますよ。



■キャベツとひき肉のミルフィーユグラタン
今年は白菜と共に冬キャベツもとっても安価!キャベツには、食べ過ぎ飲み過ぎで荒れた胃腸を整えてくれるビタミンUがとっても豊富なので、年末に向けて意識して食べておきたい野菜の一つでもあります。そのキャベツでひき肉を交互に挟んで焼き上げた「キャベツとひき肉のミルフィーユグラタン」は市販のホワイトソースで作るので手間なく簡単に作れちゃいます。冬の献立に困った時に是非作ってみてくださいね。



■豚肉とキャベツの重ね蒸し
冬のお鍋の中でも簡単に作れて人気がある白菜と豚肉のミルフィーユ鍋。食卓に登場する回数も多いと思うこちらのお鍋をキャベツでアレンジした「豚肉とキャベツの重ね蒸し」は、お味噌ベースの煮汁で煮込むので、キャベツとお肉にしっかり味がついて白いご飯にぴったりの万能おかずになっています。お好みで七味をかけたり、ごま油をたらしたりすると刺激的でコクも出て美味しくなります。お鍋のままドーンと食卓に登場させることで、洗い物も少なくなるので一石二鳥のレシピです。



■ジャガイモのピューレとひき肉のグラタン(アッシパルマンティエ風)
マッシュしたジャガイモとひき肉を重ねて焼いたフランスのグラタン「アッシパルマンティエ」。カルディなどで販売されているマッシュポテトの粉を使えばもっと簡単に作れちゃいます。スパークリング、白、赤、どんなワインにもぴったり合うこちらのレシピは、ボージョレーヌーボーに合わせて楽しんでも良いですね。
「ジャガイモのピューレとひき肉のグラタン」を作って、素敵な秋のディナーを楽しんでくださいね。




■野菜だけの蒸しピザ
色々野菜を薄切りにしてどんどん重ねて蒸し煮にしたら、最後にとろけるチーズを乗せて完成の「野菜だけの蒸しピザ」はヘルシーなのに食べ応え抜群です。
無水鍋がない場合は、フライパンでもOKです。フライパンなどで蒸す時には、大さじ2杯のお水を加えて下さいね。



年末に向けてバタバタ忙しい日々が続きます。そんな時は今回ご紹介したミルフィーユレシピで乗り切ってくださいね。
野菜もお肉もたくさん食べて、笑顔を忘れず、風邪に負けない体を作っていきましょう!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/20 8:00
  • E・レシピ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます