才能を開花させる子育て術!15歳のプロスノーボーダーを育てた独自ルールに迫る

拡大画像を見る

11月20日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)では、15歳でプロとして活躍しているスノーボーダーの森井姫明麗(もりい・きあら)と、その家族を特集。子供の才能を開花させる子育て術を紹介する。

ユース年代で海外移籍する選手が多いサッカー界と同じく、ウィンタースポーツの世界でも若い世代が躍進。大人も出場する全日本スノーボード選手権で史上最年少の2冠に輝いた姫明麗もその一人で、2022年2月に開催される冬季北京オリンピックへの出場を目指している。

そして、森井家は姫明麗だけではなく、他の兄妹も10代からプロとして活躍。長男で19歳の海琉樹(みるき)はプロスノーボーダーで、長女で18歳の月姫明(るきあ)はプロヒップホップダンサーだ。番組では、そんな森井家の“子育て術”に注目。姫明麗と母親の季明香(きみか)さんをリモートでスタジオとつなぎ、森井家の教育方法について、MCの勝村政信や解説の福田正博らとトークを繰り広げる。

また、番組では姫明麗と海琉樹の県外遠征にも密着。森井家の自宅がある名古屋からスノーボードの屋外練習場がある富山県立山まで、季明香さんが車を運転し、毎週末6時間かけて2人を連れて来るという。さらに季明香さんは、食事の用意や練習風景のビデオ撮影なども行い、全面的に2人をバックアップ。そこには、母親ならではの考え方や信念があった。子供たちの才能を伸ばし、プロアスリートに育て上げた森井家の独自ルールが明らかになる。

関連リンク

  • 11/20 8:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます