BTSジョングク「テテのSP風」私服姿に「パク・ソジュンそっくり!!」の声も【画像】

拡大画像を見る

 韓国の人気ボーイズグループBTSが11月17日、韓国の仁川国際空港から米国に向けて出国。BTSは11月27日から米国ロサンゼルスで、コロナ禍以降初の有観客コンサート『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA』を開催予定だ。

「そのための渡米だったわけですが、仁川国際空港には、久しぶりの有観客コンサートに出発する彼らを一目見ようと、多くのファンと報道陣が押し寄せました」(芸能関係者)

 そんななか、今回も話題になっているのがBTSの空港ファッションだ。

「送迎の車から空港に降り立った7人の絵になることと言ったら……。それぞれの個性を生かした私服ファッションがファンたちの間で大絶賛されています」(前出の芸能関係者)

 なかでもジョングク(24)ことグクの空港ファッションが今、ファンたちをざわつかせているという。

■「スナイパーかSPか殺し屋か…」との声も

「グクは今回、すべてのアイテムを黒でそろえたオールブラックコーデで登場しました。モノトーン好きなグクにとっては珍しいことではないのですが、目深にかぶったキャップやナイロン素材のジャケット、大きなバッグというスタイルが他のメンバーに比べるとかなり地味にうつり、“グクがスタッフに見えた”“テテのSPかと思った”“ボディガードが手振っちゃってるよ、と思ったらグクだったw”などの声が多数上がっていました」(前出の芸能関係者)

 なかにはこんな声も。

「“みんながグクの空港ファッション、スナイパーかSPか殺し屋かって盛り上がってて笑った”との声にもあるように、『グクのファッションは何風か?』とのコメントで、ファンたちが盛り上がっているようです。

 なかには、“グクの出国姿をみて『太陽の末裔』思い出した人いないかな?”“既視感ある気がしたけど『ミッドナイトランナー』のパクソジュンだ”など、過去の映画やドラマの登場人物に例える人まで出てきています」(前同)

■【画像】「ボディガード風」グクの全身ショットがこちら!

「韓国の人気俳優、パク・ソジュン(32)は、映画『ミッドナイトランナー』で警察大学の学生役に扮していたのですが、今回のグクの黒のナイロンジャケットと黒のキャップが、そのときのソジュンを彷彿とさせたのかもしれませんね」(前出の芸能関係者)

 ちなみに、グクの今回のこの黒のジャケットは、BTSがアンバサダーを務める韓国の人気スポーツ用品メーカー『FILA(フィラ)』のもので、現在、品薄状態なのだそう。ボディガード風ファッションが流行する日も近い!?

関連リンク

  • 11/20 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます