KAT-TUN 紅白初出場 15周年の集大成届ける 亀梨「皆さまへの感謝を」

拡大画像を見る

 大みそかに放送される「第72回NHK紅白歌合戦」(総合、後7・30)の出場歌手43組と特別企画枠1組が19日、発表された。

 ジャニーズからはデビュー15周年のKAT-TUNと、デビューイヤーだった昨年、メンバーの宮舘涼太(28)の新型コロナウイルス感染により出場辞退したSnow Manが、初出場として名を連ねた。共にスケジュールの都合で会見は欠席。VTRで意気込みを語った。

 KAT-TUNにとって節目につかんだ夢切符。亀梨和也(35)は「15周年の集大成、紅白のステージで僕たちの思い、皆さまへの感謝を精いっぱい届けたいと思います」と気合十分。上田竜也(38)は“大仕事”が舞い込んだメモリアルイヤーに「15周年、全国ツアーもさせていただき、あらためて音楽の楽しさと届ける喜びを感じられた1年でした」と充実感を漂わせた。

 Snow Manの宮舘は無念の辞退となった1年前を「ファンの皆さま、関係者の方々、大先輩に励ましのメッセージをたくさんいただきました」と回想。「今年1年はそのありがたい言葉を胸に、去年立てなかった紅白歌合戦のステージを目標として頑張って参りました。1年越しの夢をSnow Manとファンの方々で、かなえたいと思います」と“リベンジ初出場”に意欲を燃やした。

 ジャニーズ勢は他に、10年連続の関ジャニ∞、4回目のKing&Prince、2回目のSixTONESも出場。5組で白組勝利に貢献する。

関連リンク

  • 11/20 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます