坂本美雨「役に立ちたいと思って参加しました」東京2020パラリンピック開会式を振り返る

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

10月30日(土)放送のお客様は、約5年ぶりとなるニューアルバム『birds fly』を10月20日(水)にリリースしたシンガーソングライターの坂本美雨さん。ここでは、音楽家・蓮沼執太さんが率いる「パラ楽団」の一員として参加した「東京2020パラリンピック」開会式を振り返りました。

坂本美雨さん



坂本龍一さんを父に、矢野顕子さんを母に持つシンガーソングライター。1997年、17歳のときに「坂本龍一 featuring Sister M」名義によるシングル「The Other Side of Love」でデビュー。1999年から本名・坂本美雨として本格的に音楽活動を開始します。その後、執筆活動、ナレーション、演劇など表現の幅を広げています。

TOKYO FMでは全国ネット番組「ディアフレンズ」のパーソナリティを担当。今年おこなわれた「東京2020パラリンピック」の開会式では、蓮沼執太さん率いる「パラ楽団」のボーカルとして歌声を披露しました。

(TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」10月30日(土)放送ゲスト:坂本美雨さん



◆「東京2020パラリンピック」開会式の思い出

川島:美雨さんといえば、「東京2020パラリンピック」開会式で美しい歌声を披露されました。どこまで聞いていいのかわからないのですが、ああいったお話のオファーは、いつぐらいから来るんですか?

坂本:私は、本番で指揮をしていた、友人の蓮沼執太くんに誘われて、パラ楽団の一員として参加しました。それが今年の5月ぐらいのお話でしたかね。

川島:そんなに近かったんですか!

坂本:もっと大枠のキャストのみなさんは、ずっとずっと前からだと思います。音楽部分だけということで、そのぐらいの時期に声をかけていただいて準備をしてきました。

川島:そのときのお気持ちはいかがでしたか?

坂本:執太くんとは10年ぐらい前からの知り合いで、すごく近しい音楽仲間なんです。2014年には、私のアルバム『Waving Flags』のプロデュースもしていただきました。だから、もともと信頼関係がすごくあるんですよ。でも、容易に声をかけられる案件ではないなか、彼が私に声をかけてくれたってことは、いろいろな覚悟や思いがあってのことなんだろうなって感じたんですね。そういった関係性があったので、役に立ちたいと思って参加しました。

川島:引き受けても、周りの人たちには言えない案件ですよね。

坂本:そうなんですよ。言いたいのを我慢していました(笑)。

川島:「東京2020オリンピック」の開会式では、先輩の劇団ひとりさん、なだぎ武さんらが出ていましたが、僕らは(開会式の様子をテレビで観て)そこで出演のことを知りましたからね。

坂本:びっくりしました?

川島:めちゃくちゃびっくりしました。

坂本:(笑)。オリンピックも、ふたを開けてみたら私と同世代の人や友人たちが関わっていました。ダンサーさんや裏方さん、メイクさんなど親しい人たちばかりだったんですよ。

川島:へええ! 日常会話で「あの人、オリンピックの開会式に出ていたね!」って話をするけど、自分もパラリンピックの開会式を控えているという。

坂本:そうそう(笑)。

川島:「実は私も……」って言えないし(笑)。ドキドキだったでしょうね。素晴らしい開会式でした。

蓮沼執太さん率いる「パラ楽団」のみなさんと



次回11月20日(土)のお客様は、関ジャニ∞の安田章大さんです。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も配信中です。

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/20 6:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます