浦和によるCASへの提訴が却下…湘南戦スコアは0-3敗戦で確定

拡大画像を見る

 Jリーグは19日、浦和レッズがエントリー事案に関してスポーツ仲裁裁判所(CAS)に仲裁申立を行なっていた件について、同クラブの申立てを斥ける旨の決定通知を受けたと報告した。

 これにより、申立ての対象となっていた明治安田生命J1リーグ第18節浦和vs湘南ベルマーレの試合結果は「浦和 0-3 湘南」から変更されない。Jリーグは報告に際し、「クラブと連携し、引き続き公平・公正な競技会運営に努めてまいります」としている。

 浦和は6月20日に開催された湘南戦(元スコアは浦和 2-3 湘南)で、Jリーグが指定する公式の検査で新型コロナウイルス陰性判定を得ていなかったGK鈴木彩艶を起用。これがJFA懲罰規程の競技及び競技会における懲罰基準3-3「出場資格の無い選手の公式試合への不正出場(未遂を含む)」に該当したとして、Jリーグは1日、同クラブに対してけん責、および同試合を浦和の0-3負け試合として扱う(※各個人記録は変更なし)懲罰を下していた。

 浦和は懲罰を不服とし、7月6日付でJFA(日本サッカー協会)不服申立委員会への不服申し立てを実施していた。しかし、同28日にJFA不服申立委員会より、JFA懲罰規程第36条「不服申立可能な懲罰」に該当しないという理由で申立てが却下されていた。これを受けて浦和は8月19日、Jリーグの懲罰規程の適用自体に誤りがあるとして、CASへの提訴を行なっていた。

 浦和の発表によると、CASは「懲罰規程では『0-3の没収試合』の懲罰を争えるのは勝利したチームに限られるため、2-3で負けていた浦和レッズはJリーグの懲罰を争うことができない」という理由で、没収試合が妥当かどうかなどの問題に踏み込まず、申立てを認めなかったようだ。

 クラブ公式サイトで結果を報告した浦和は、「残念な結果となりましたが、浦和レッズとしましてはCASの仲裁判断を尊重し、懲罰を受け入れることとします。本件に関するみなさまからの温かいご支援、誠にありがとうございました。今シーズン、残りのリーグ戦3試合、そして天皇杯を全力で闘ってまいります。みなさまのサポートを引き続きよろしくお願い申しあげます」と声明を発表している。

関連リンク

  • 11/19 23:15
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます