生田斗真、代表作『土竜の唄』当初を振り返る「なんかすごいことが始まるかもと思った」

拡大画像を見る

映画『土竜の唄 FINAL』初日舞台挨拶が11月19日(金)、都内劇場にて行われ、出演する生田斗真、鈴木亮平、滝沢カレン、仲里依紗、堤真一に加え、シリーズの監督を務めた三池崇史、脚本の宮藤官九郎が登壇した。3作続いた人気シリーズということもあり、主演の生田さんは感無量な表情をしながらも、コミカルな作品内容と同じくらい舞台挨拶を盛り上げる。これまでの撮影を振り返った生田さんは、「『FINAL』はもっと、とんでもないことになってます!!」と、笑顔で太鼓判を押していた。

『土竜の唄 FINAL』は、シリーズ累計発行部数950万部突破の大ヒットコミックス「土竜の唄」の実写映画化。警察をクビになった菊川玲二(生田さん)が潜入捜査官:通称・モグラに任命され、日本から麻薬を撲滅するため最凶のヤクザ組織のドンを逮捕すべく、果敢に挑んでいく物語。2014年にシリーズ1作目『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』、2016年に2作目『土竜の唄 香港狂騒曲』が公開され、本作は5年ぶりのシリーズ3作目にして完結編となった。

満席の場内を見まわし、うれしそうな表情を抑えきれない生田さんは「パート1を作ったときはシリーズものになるなんて夢にも思っていなかった。2ができて、FINALまで製作することができて、夢のようにうれしいです」と喜びを爆発させる。そんな生田さん演じる玲二の最凶の敵として降臨するのが、鈴木さん演じる轟烈雄。鈴木さんは「斗真くんとは24歳のときに出会って、尊敬する俳優でもあり、友人でもある。そんな人の3作目の最凶の敵は結構プレッシャーがありました。どうやって重たいところをやり、しっかり重しを置いていこうかな、と」と考えながら役作りをしたと明かす。

原作のパワーに負けない世界観を作り上げた三池監督と宮藤さんのタッグなくして、本作は語れないわけだが、宮藤さんは「最初…ボンネットに裸で縛られて洗車機の中に(生田さんが)入っていく。一番面白いのをやっちゃったので“これを超えなきゃ”と思った」と楽しさ混じりの苦労を語った。三池監督も「役者を洗車機に突っ込んで洗っちゃう(笑)。あのカットで、現場の空気が完全に変わった」と当時を思い起こした。

同シーンについて、生田さんは「そのシーン、今でも自分が入っていく姿を思い出すんです。最初、人形を張り付けて入れるテストをやったとき、出てきた人形がバラバラで“これをやんのか”って(笑)。やり切った後は、なんかすごいことが始まるかもと思った気持ちを覚えています」と代表作のひとつになった『土竜の唄』シリーズへの熱い思いを語っていた。

『土竜の唄 FINAL』は全国公開中。



(cinamacafe.net)


■関連作品:
土竜の唄 FINAL 2021年11月19日より全国東宝系にて公開
©2021「土竜の唄」製作委員会 ©高橋のぼる・小学館

関連リンク

  • 11/19 19:37
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます