AKB48、『紅白』2年連続落選に「悔しい」 柏木由紀&“総監督”向井地美音がコメント

拡大画像を見る

 19日、大みそか放送の「第72回紅白歌合戦」の出場者が発表された。昨年に続いて乃木坂46や櫻坂46、日向坂46の出場が発表された一方で、AKB48は2年連続で落選。メンバーの柏木由紀やグループの総監督・向井地美音がツイッターでコメントを発した。

 柏木は19日午後に「今年も出場の夢は叶いませんでした。。」という書き出しでツイッターを更新。投稿の中で柏木は「正直なところ悔しい!です!」と心境を明かし「それでもファンの皆様をはじめ、見ていてくれる人は必ずいると信じて!これからもがむしゃらに走り続けます。」と今後の意気込みをつづった。

 また現在のグループで総監督を務める向井も19日午後に「今年も紅白歌合戦への出場は叶いませんでした。」とツイッターを更新。「1年前、ゆきりんさんが『来年は心から悔しいと言えるくらい頑張ろう』と言ってくれた言葉をずっと心に留めながら活動してきました」とつづると「だから言わせてください。悔しい!!!!!」とコメントした。

 2人の投稿に紅白出場を心待ちにしているファンからは「AKB48は、まだまだこれからだよ」「私もがむしゃらに応援し続けます」「ファンは知ってるよ、AKB48はいつだって最高って事を」などのエールが寄せられた。

引用:
「柏木由紀」ツイッター(@Yukiriiiin__K)
「向井地美音」ツイッター(@mionnn_48)

関連リンク

  • 11/19 17:32
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます