「ヤフコメ」不適切だと丸ごと非表示も 小室圭さん・眞子さん記事ほか100件超

拡大画像を見る

ヤフーニュースのコメント欄(ヤフコメ)が、記事によっては丸ごと非表示になるケースが起きている。これまでも不適切とされるコメントは、非表示になることがあったが、一つの記事につくコメントが丸ごと非表示になるのは最近のことだという。

「違反」の数で決まる

朝日新聞2021年11月17日付記事で、同紙がヤフーに取材したところによると、実際にコメント欄が非表示となった記事は100超になっているという。10月下旬に朝日新聞社などが配信した小室眞子さんと圭さんの結婚に関する複数の記事や、共同通信が同月に配信した韓国漁船転覆に関する記事など。小室さん夫妻に関して1万3000件超のコメントがついたTBSの記事も含まれている。

ヤフーニュースはテレビや新聞など約650媒体が記事を提供し、月間233億ページビュー。コメント欄は1日約32万件の投稿がある。

しばしば誹謗中傷など不適切な投稿が問題になり、ヤフーは14年から人工知能(AI)で監視。18年以降、「建設的かどうか」「記事との関連度が高いか」「読んだ人が不快に感じないか」といった基準でAIが点数化する仕組みを導入。点数が特に低い投稿や、過度な批判や誹謗中傷を含むコメントは削除もしており、1日あたりの削除件数は2万件に及ぶそうだ。

同紙によると、ヤフーは今回さらに踏み込み、「違反コメント」が一定数を超えた時点で、その記事のコメント欄を丸ごと非表示にすることにしたという。

極端な人の意見

上記の具体例では、小室眞子さんと圭さんの結婚に関する複数の記事が挙げられている。宮内庁は10月1日、結婚についての発表をした際、眞子さまが複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態になっていることを明らかにした。「自分自身と家族、結婚相手と家族に対する、誹謗(ひぼう)中傷と感じられる出来事が長期的に反復され、逃れることができないという体験をされた」と説明していた。

日経新聞は11月17日、「眞子さん結婚 批判過熱なぜ?」という記事を掲載。ネット炎上を研究している山口真一・国際大グローバル・コミュニケーション・センター准教授に聞いている。山口氏は「ネットに多く発信されているのは極端な人の意見だ。ネットを見て大多数の意見だと即断してはいけない」「テレビなどのマスメディアが『これがネットの世論だ』と報じることはかなり誤解を招く」と戒めている。

また、ネット炎上の認知経路として、テレビの情報番組が58.8%と極めて高いことを挙げ、今回は週刊誌の報道をテレビが取り上げたことで、情報を権威づけた面もあると指摘している。

J-CASTトレンドでは、「眞子さまご結婚どう思いますか ネット『反対』新聞『祝福』まるで反対の理由」という記事を掲載済みだ。

「低評価」も非表示

朝日新聞によると、ヤフコメをめぐっては、虚偽の内容を書き込み、名誉を傷つけたとして、罰金命令が出たケースもある。大阪府高槻市の男性は、市議を中傷する投稿をしたとして名誉毀損罪で略式起訴され、茨木簡裁が今年5月に罰金10万円の略式命令を出した。

インターネットでは、ほかにも「非表示」の動きが出ている。AFP=時事によると、2021年11月10日、米IT大手グーグル(Google)傘下の動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」は、動画クリエイターを嫌がらせや個人攻撃から守るため、動画の「低評価」数を非公開にすると発表した。

ユーチューブのユーザーは今後も低評価ボタンをクリックできるが、その件数は表示されなくなる。ただし、クリエイター側は、自身の投稿した動画の低評価数を確認することができる。

同社は「視聴者とクリエイター間の敬意ある交流の促進」のため、低評価ボタンを非公開にする実験を実施した結果、嫌がらせや「低評価攻撃」が減少した、と非表示にする理由を説明している。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 11/19 18:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます