『とつくにの少女』長編アニメ化 せんせ&シーヴァ役に福山潤&高橋李依 制作はWIT STUDIO

 本日3月5日発売のマッグガーデン「月刊コミックガーデン」にて連載最終回を迎えたながべの漫画『とつくにの少女』が、長編アニメーション化されることが決まった。2022年3月発売されるコミックス番外編の特装版(OAD)に収録される予定。

 『とつくにの少女』は、「内」と「外」に分断された世界が舞台のダークファンタジー。アニメ制作は、2019年に発表された「短編アートアニメーション」から引き続き、WIT STUDIOが担当。監督は久保雄太郎、米谷聡美の両名が手掛ける。メインキャストとして、せんせ役を福山潤、シーヴァ役を高橋李依が担当することが決定した。

 併せて公開されたキービジュアルは、分かたれた世界で寄り添い生きる2人を描写した本作の世界観を表すビジュアル。さらに、原作コミックス完結から長編アニメーション化への橋渡しとしてのティザーPVも初公開となった。

 外つ国に捨てられたシーヴァを拾い、共に過ごすことになる異形の姿の「せんせ」を演じる福山は、「『とつくにの少女』を読んだからこそ感じる『せんせ』の難しさを今、演じる前から噛みしめ、皆様に映像化された『とつくにの少女』をより楽しんで頂くために、全力で演じ、取り組む所存です」とコメント。

 人間の少女・シーヴァを演じる高橋は、「くるくるふわふわ動き回り、時に繊細な表情を見せるシーヴァちゃん。原作の空気感を大切に、声を添えるような形で彩っていけたらいいなと思っております」と話している。

 さらに、アニメ化を記念して、WIT STUDIO主催としては初めてとなるクラウドファンディングの開催が決まった。本編制作のさらなるクオリティーアップおよびプロモーション費用の拡充を目指し、3月10日20時よりKickstarterにてスタートする予定。目標金額は300万円。

 長編アニメーション『とつくにの少女』は、2022年3月発売される原作漫画番外編の特装版(OAD)に収録予定。

●コメント全文
<せんせ役:福山 潤>
長編アニメーション『とつくにの少女』にて、せんせ役をさせて頂きます声優の福山潤です。
原作を拝見した時は、絵本の様な印象から物語の深淵へ一気に引き込まれてしまい、自分が演じる云々は忘れて没頭してしまいました。
『とつくにの少女』を読んだからこそ感じる「せんせ」の難しさを今、演じる前から噛みしめ、皆様に映像化された『とつくにの少女』をより楽しんで頂くために、全力で演じ、取り組む所存です。
また、続報や何かしらの解禁情報が出されるかと思いますが、完結する原作と、完成されたアニメ作品を視て、「とつくにの少女」がどのように皆様の心に残るのか夢想しながら、「せんせ」を演じ、シーヴァとの物語が紡がれる日を心待ちにいたしております。
皆様、是非ご期待下さいますよう、宜しくお願い致します。

<シーヴァ役:高橋李依>
この度シーヴァちゃんの声を担当させていただくことになりました、高橋李依です。
くるくるふわふわ動き回り、時に繊細な表情を見せるシーヴァちゃん。
原作の空気感を大切に、声を添えるような形で彩っていけたらいいなと思っております。

そして、せんせ役を福山潤さんが担当されるとのことで、
どんな会話や雰囲気が生まれるのか未知数でもあり、ワクワクドキドキしています! ぜひ、応援よろしくお願いいたします!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 3/5 19:45
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます